ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

リルジュリカバリィエッセンス

危険?リルジュリカバリィエッセンス成分は安全?副作用、健康被害は?

投稿日:9月 10, 2018 更新日:



女性用雑誌やSNSなどで話題の

 

「リルジュ リカバリィエッセンス」。

 

従来の潤い成分を与えるだけのケアでなく、お肌本来の力を呼び覚まし、肌をキレイにする美容液です。

どのくらい効果があるのか気になっていても、あまり馴染みのない成分も多く含まれることから、使用をためらっている方も多いのではないでしょうか。

 

敏感肌の方はもちろん、副作用やアレルギーなどで困らないように、前もって情報を集めて調べておきたいですよね。

そこで今回は

 

「リルジュリカバリィエッセンスの成分は安全なのか」

 

「健康被害・副作用は出ていないのか」

 

について調べてみました。

これを読んで、しっかり安全性を確認してくださいね!

 

安全なの?リルジュ リカバリィエッセンスの成分を徹底調査

リルジュリカバリィエッセンスの成分は、以下の通りです。

水、ペンチレングリコール、グリセリン、ヒトオリゴペプチド-1(EGF)、ヒトオリゴペプチド-13(FGF)、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)、オリゴペプチド-24(EDP3)、アセチルデカペプチド-3(Rejuline)、オリゴペプチド-20(IDP5)、レシチン、水添レシチン、ダイズ油、コレステロール、クエン酸Na、フェノキシエタノール

「EGF、FGF、IGF」

 

はグロースファクターとして配合されているそうです。あまり聞いたことのない言葉ばかりですね。

これらの成分にはどんな効果があって、そして何より安全なんでしょうか?

見れば見るほど気になってきます。

そこで、口コミを調べたり、私自身もトライアル体験したりして、成分の安全性について徹底的に調べてみました。

 

通常、化粧品には、添加物や防腐剤が含まれていることが多いですね。

これは使用している天然由来の成分の安定性をアップさせるためだそうです。

美肌のためとはいえ、すぐに腐敗してしまうような化粧品は困りますものね。

リルジュリカバリィエッセンスの原材料の中で、水の次に多く使用されている

 

「ペンチレングリコール」

 

は、保湿剤として配合されていますが、同時に防腐剤の役割も果たしています。

安全性は高いのですが、少し刺激が強く、アトピーの人や肌が敏感な人は注意が必要です。

でも、リルジュリカバリィエッセンスは無香料、無着色、パラベンフリー、無鉱物油で、肌に負担をかけるものを使用していません。

添加物や防腐剤はごく少量にして、ほかの成分で安定性を高めているのです。

では次に、リルジュリカバリィエッセンスの最大の特徴の

 

「グロースファクター」

 

と、その安全性についてご紹介しましょう。

今までの一般的なスキンケアは主に

 

「外から補う」

 

ことを重視していました。

でもリルジュリカバリィエッセンスは、肌本来の

 

「生まれ変わる力を引き出す」

 

スキンケアです。

使用している成分は、グロースファクターとしての

 

「EGF、FGF、IGF」

 

と、オリゴペプチドとしての

 

「EDP3」「Rejuline(リジュライン)」「IDP5」

 

です。

グロースファクターそのものは、もともと人間の体に存在するタンパク質の一種で持続性・安全性に優れた成分です。

浸透力が高く、グロースファクターを安定させる働きがあるのが、オリゴペプチドです。

リルジュリカバリィエッセンスは、表皮から真皮へより効率よく吸収されるように、これらの成分をリポソーム化(=小胞形成)しています。

小胞形成させるメリットは、浸透性が高まることです。

 

成分すべてが一緒に真皮まで浸透し、相乗効果を発揮して、キレイな肌へ改善していきます。

もともと体の中にある成分なので、安全性が高く副作用などもありません。

 

6種類の成分を詳しく見てみましょう

リルジュ リカバリィエッセンスに含まれる

 

「EGF、FGF、IGF」

 

 

「EDP3、Rejuline(リジュライン)、IDP5」

 

について、もっと詳しくご説明します。

グロースファクター(細胞増殖因子)はすべて、もともと人間の対内で生成されている成分で、中でも

 

「EGF」

 

ノーベル賞受賞成分として知られる成分なんですよ!

グロースファクター<細胞増殖因子>とは?

EGF:Epidermal Growth Factorイージーエフ(Epidermal Growth Factor)

皮膚の再生を促す、シミやくすみ、ニキビ跡へアプローチ

スタンレー・コーエン博士により発見・研究されてきた成分で、博士はこの研究で1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

別名

 

「上皮細胞増殖因子」

 

と呼ばれ、皮膚再生を必要とする医療分野でも使用されています。

美容分野では、ターンオーバーの乱れを正常化し、表皮細胞を活性化することで肌のキメを整え、透明感をアップさせる効果が期待できます。

FGF:Fibroblast Growth Factorエフジーエフ(Fibroblast Growth Factor)

シワ、たるみ、たるみ毛穴、ニキビ跡に効果あり、肌の深部へアプローチ

別名

 

「線維芽細胞増殖因子」

 

と呼ばれています。

名前のとおり、真皮の線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進して、肌のハリや弾力を高めます。

IGF:Insulin-like Growth Factorアイジーエフ(Insulin-like Growth Factor)

別名は

 

「インシュリン様増殖因子」

 

で、対内のほぼ全ての細胞にはこの因子の受容体があります。

表皮だけでなく真皮まで活性化する効果があり、更にEGF・FGFとブレンドすると1.6倍活性化するなど、相乗効果があるとのデータも報告されています。

 

オリゴペプチドとは?

EDP3

オリゴペプチドの中でも、EGFを安定させ、同様の効果を発揮するように生成されています。

リジュラインリジュライン

FGFと同じような効果が期待できるオリゴペプチドです。

FGFを安定させる目的で配合されています。

IDP5

IGFを安定させ、同じような効果を発揮するように作られています。

 

これら3つのグロースファクターと、最新のバイオ技術を用いて開発された3つのオリゴペプチドが絶妙なバランスでブレンドされたのが、リルジュリカバリィエッセンスなのです。

 

副作用は?口コミを徹底調査

リルジュリカバリィエッセンスはとても評価が高く、口コミもほぼ好意的なものばかりです。

ですが、ごく少数ながら、否定的な意見もありました。

悪い口コミを注意深く調べていくと、あるポイントが見えてきましたので、まとめてみました。

どんな成分でも、すべての人に合うわけではない

リルジュリカバリィエッセンスは肌に優しい処方で作られています。

刺激になるような強い成分は使われていませんが、いつでも、すべての肌質に合うわけではありません。

これはリルジュリカバリィエッセンスに限ったことではなく、どんな製品にも言えることですが、完全に安全な成分というものはありませんよね。

効果の出方や感じ方は千差万別です。

 

「安全」

 

といわれる成分でも、人によっては合わない場合もありますし、同じ人でも体調によってデリケートになる場合もあります。

心配なときは、顔に使う前に腕の内側などでパッチテストをする方がいいと思いますよ。

 

アレルギー体質なら使用前に成分を確認して

刺激の少ないリルジュリカバリィエッセンスですが、ごくわずかの添加物は含まれています。

その量は必要最低限ですが、アレルギーが気になる人は使用前に必ず成分表を確認して、自分に合わないものがないかチェックしてくださいね。

 

まとめ

今回は、リルジュリカバリィエッセンスの成分についてご説明しました。

グロースファクターなど、もともと体内にある成分を研究して絶妙なバランスで配合していて、添加物などは必要最低限でした。

自然由来の、比較的安全な成分ばかりですが、やはり

 

「絶対に安全」

 

というものはありません。

アレルギーが心配な人は、使用前に成分表を調べたり、パッチテストをして、安全を確認するようにしてくださいね。







よく読まれている記事

-リルジュリカバリィエッセンス

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.