ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ライスフォーストライアルキット

危険?ライスフォース成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:9月 10, 2018 更新日:



数多くの女優さん・モデルさんが愛用し、プロのヘアメイクさんが大絶賛するコスメがあります。

それはライスフォース。

雑誌やネットの広告でよく目にしますよね。

 

ライスフォースの特徴は何と言ってもその高い保湿力です。

その保湿力は実際に使った人から非常に高く評価されており、トライアル購入者のうるおい満足度がなんと98%!

肌トラブルの大半は乾燥が元で起こると言われていますが、ライスフォースの保湿力があればトラブル知らずの美肌も夢じゃないかもしれません。

 

そんなライスフォース、ネットで検索してみると「危険」という単語がキーワードとして上がってくることがあります。

 

これからライスフォースを使いたいと思っている人にとっては、非常に気になりますよね。

 

口コミを見ても「危ない」とか「健康被害を受けた」なんていう記載はないのですが・・・。

 

そこで今回は、ライスフォースがなぜ危険とされるのか、真相に迫ります!

購入前にライスフォースの危険性の有無についてよく知っておいてくださいね。

 

保湿化粧品ライスフォースの安全性は確かなの?

ライスフォースの安全性について知るために、配合されている成分を調べてみることにしましょう。

 

化粧品は毎日継続して使うもの。

今は大丈夫でも何年か使ううちに健康被害が出る可能性がある、なんていうことでは困りますよね。

 

結論から言うと、ライスフォースは安全性が高く、敏感肌の人でも使える処方となっています。

 

肌への刺激を最小限にするため、着色料・香料・動物性原料・石油系界面活性剤は一切無添加。

肌と同じ弱酸性で、全商品アレルギーパッチテスト済みとなっています。

肌に優しくどんな肌質の人にも使える処方だからこそ、幅広い人気・高いリピート率を保っているのですね。

 

ライスフォースの保湿有効成分はライスパワーNo.11エキス。

これはお米を発酵・熟成させて得られた成分ですから、安全性は高いはずです。

ではそれ以外の成分はどうなのでしょう。

 

ライスフォースの安全性を確実に把握するため、

 

  • 「ディープモイスチュアローション(化粧水)」
  • 「ディープモイスチュアエッセンス(美容液)」
  • 「ディープモイスチュアクリーム」

 

の全成分について国会図書館や厚生労働省の文書などで調査しました。

成分一つ一つを安全性ランクに分けてご紹介します。

 

ライスフォースの含有成分

Sランクの安全性を持つ成分(人体にほぼ無害で安全性が高い成分)

ライスパワーエキス

役割:保湿剤

お米を原料として得られたエキスを乳酸菌や麹菌と合わせ発酵・熟成させて生まれた成分です。

香川県にある老舗酒造メーカー「勇心酒造」によって研究・開発されました。

ライスフォースは100%国産米を使用しています。

 

オリーブ油

役割:保護剤・油剤

食用としても有名なオリーブオイル。

モクセイ科の植物オリーブの果実から抽出されます。

肌を柔らかくして水分を保つ保湿効果の他、抗酸化効果があります。

 

濃グリセリン

役割:保湿剤・変性剤

グリセリンは植物や動物の体内に存在するアルコールの一種。

濃グリセリンはグリセリン濃度が98%以上と高いもの。

油脂成分であり、肌を柔らかくしてハリを与え、水分を吸い込み保つ効果があります。。

肌への悪影響はほとんどないとされています。

 

ph調整剤

役割:ph調整剤

phは酸性・アルカリ性の度合いを表す数値で、0〜14で示されます。

7が中性、それより上がアルカリ性、下が酸性です。

人間の肌はph5〜6の弱酸性。

このphに近い化粧品は肌への刺激が少なく、肌に優しいと言えます。

ライスフォースは肌への優しさを保つためにph調整剤を使用しています。

 

粘度調整剤

役割:粘度調整剤

液体の粘度を調整するもの。

化粧品はお肌に定着させることが大切なため、使用しています。

 

天然ビタミンE

役割:酸化防止剤

脂溶性ビタミンの一種。

抗酸化作用、血行促進作用があります。

大豆などの植物性原料から抽出されたものが天然ビタミンEで、化学的に合成されて作られたものが合成ビタミンE。

天然の方が効果が高く安全性も高いとされています。

 

植物性スクワラン

役割:油剤、エモリエント剤

オリーブオイル、トウモロコシオイル、ベニバナオイルなど植物性油脂から抽出された成分。

保湿効果、新陳代謝促進効果などがあるとされています。

浸透力も優れています。

 

カミツレ油-2

役割:香料、精油

キク科の植物カミツレ(カモミール)の花から抽出される油。

抗炎症作用があり肌荒れに効果的です。

また血流を促し新陳代謝を高め、シミやソバカス改善にも役立つと言われています。

 

ヒアルロン酸Na-2

役割:半合成ポリマー、保湿剤

ヒアルロン酸はムコ多糖の一種。

真皮にあるコラーゲンとエラスチンの間の隙間を埋めてクッションのように支えています。

保水力が高く肌に潤いと弾力をもたらします。

もともと体内に存在する成分であることから安全性は高いです。

 

Aランクの安全性を持つ成分( 安全性は高いとされているものの、多少刺激を感じることもある成分)

エタノール

役割:抗菌剤、溶剤、収れん剤

アルコールの一種。

抗菌力・殺菌力が高く、清涼感を出したりベタつきを抑えたりする働きもあります。

アルコールに弱い体質の人は注意が必要です。

 

BG(ブチレングリコール)

役割:保湿剤、抗菌剤、エキス抽出溶媒剤

アルコールの一種ですが刺激は少なく、多くの化粧品に使用されています。

保湿、抗菌、防腐などの他、さらりとして使用感が良いのでテクスチャーを調整する目的でも使われることがあります。

 

DPG(ジプロピレングリコール)

役割:溶剤、香料、粘度低下剤、感触改良剤

さらりとしたグリセリンなどと同様に化粧品の基剤として広く用いられていますが、グリセリンよりさらりとしています。

トウモロコシやリンゴなどから作られるので安全性は高いとされていますが、過剰に使用すると刺激を感じる場合もあります。

 

Bランクの安全性を持つ成分( 安全ではあるが、できるだけ配合を少なくした方が良いとされる成分)

グリチルリチン酸2K

役割:消炎剤

甘草(かんぞう)という植物から抽出される成分。

抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、ニキビなど肌荒れの改善、頭皮においてはフケ・かゆみの改善などの効果があります。

ステロイドではないのですがステロイド様作用があり、長期にわたって大量に摂取すると偽性アルドステロン症(高ナトリウム血症・低カリウム血症による疲労感・倦怠感・脱力感・イライラ・高血圧など)を起こす危険があると言われています。

 

EDTA-2Na(エデト酸ニナトリウム)

役割:防腐剤、酸化防止剤、キレート剤

殺菌作用があることから防腐剤として配合されます。

また、金属(ミネラル)イオンを封鎖する働きがあり、洗浄力を高めるので洗顔料にもよく配合されます。

 

軽質流動イソパラフィン

役割:エモリエント剤、油剤、合成ポリマー

皮膚の表面を覆って、水分を逃がさない様に保持する成分です。

ヘアケア用品・スキンケア用品・ベビーオイルなど幅広く使用されています。

 

ジメチコン

役割:閉塞剤

シリコンオイルです。

揮発性があり、水に強い皮膜を作ります。

ベタつかず滑りの良い使用感です。

 

シクロペンタシロキサン

役割:溶剤

環状シリコンの一種。

揮発性の高いシリコンオイルです。

分子量が小さいので軽い使用感です。

シクロペンタシロキサンが蒸発する際に撥水性の高い皮膜を作ることから、ウォータープルーフ化粧品によく配合されます。

(成分の名前の最後に「コン」「シロキサン」と付いているものはシリコンの一種です)

 

パラベン

役割:防腐剤

正式名称はパラオキシ安息香酸エステル。

抗菌力が高く、化粧品や食品の防腐剤として広く用いられています。

刺激が多少ありますが、ライスフォースに含まれる量は少ないので大きな問題はないと言えます。

 

Cランクの安全性を持つ成分(多少毒性が認められ、できるだけ配合を控えたい成分)

PEG(120)

役割:増粘剤

刺激が少なく、保湿・エモリエント効果が高い増粘剤です。

安全性は比較的高いとされ、多くのコスメ用品・シャンプーなどに配合されています。

 

POE(25)

役割:皮膜剤

非イオン系界面活性剤。

乳化作用・浸透作用が高く、化粧品・ヘアケア用品・歯磨き粉など多様に使われています。

安全性が高いので肌に直接触れるもの、コンタクト洗浄液などにもよく使用されます。

 

POE・POPデシルテトラデシルエーテル

役割:合成界面活性剤、乳化剤

非イオン系界面活性剤。

たんぱく質を変性させる力が弱いので肌への刺激となりにくく、安全性が高いと言われています。

界面活性剤は水と油のように普通は混ざらないものを乳化して混ぜ合わせる機能があり、化粧品を作る際必要な成分です。

 

POPメチルグルコシド

役割:保湿剤、洗浄剤

皮膚に潤いと柔軟性を与えます。

化粧品に保湿目的で配合されていることが多い成分です。

 

POEステアリルエーテル

用途:乳化剤、分散剤

非イオン系界面活性剤。

肌につけても比較的安全とされており、乳液・クリームなど多くのコスメ用品に配合されています。

 

グリセリンモノステアリルエーテル

役割:乳化剤、保湿剤

保湿効果が高い成分で、多くのコスメ用品に配合されています。

 

ポリオキシエチレン

役割:合成界面活性剤、乳化剤

非イオン系界面活性剤。

乳化剤として多くの化粧品に配合されています。

 

セスキステアリン酸メチルグルコシド

役割:合成界面活性剤、乳化剤

非イオン系界面活性剤。

乳化剤として多くの化粧品に配合されています。

 

ライスフォースの配合成分はこだわりが満載

保湿成分や精油など、原材料は安全性重視

ライスフォースは保湿剤として100%国産米を使用して作られたライスパワーNo.11エキスを独自配合。

その他、油剤としてオリーブ油やカミツレ油など植物由来の精油、天然ビタミンE、濃グリセリンなどの植物由来成分を配合。

これらの成分から見えるのは、ライスフォースの安全性への徹底したこだわりです。

ライスフォースの価格が高いと思っていましたが、これだけ原材料にこだわりを持って製造しているのですから、納得の価格と言えるでしょう。

健康に悪影響を及ぼす危険のある成分は含まれていない点が安心ですね。

 

ライスフォースは「医薬部外品」に分類される

ライスフォースには、「医薬部外品」または「薬用」と記されています。

前述しましたが、コスメ用品は全て「医薬品」「医薬部外品(=薬用)」「化粧品」の3つのうちのどれかに分類されています。

「医薬部外品」は「医薬品」ほどではないにしろ、それなりの効果・効能が認められているもの。

その効果を表記して販売することが許されているのと同時に、正しい用法・用量も明記することが義務付けられています。

 

「医薬部外品」については花王さんのサイトで分かりやすく説明されていました。

 

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

引用:花王

 

ライスフォースに配合されている保湿有効成分は「ライスパワーNo.11エキス」です。

「医薬部外品」であるということは、保湿効果が実際に高いと認められているということです。

 

効果が高い、つまりそれだけ体に変化を及ぼす力があるということですから、「医薬部外品」のコスメは副作用のリスクもあると認識しておきましょう。

ライスフォースは安全性に配慮した成分を使用しているので過剰に恐れることはありませんが、適切な量を守らないと肌に刺激を感じたり、肌荒れを起こす危険性もあります。

こうしたことから、「ライスフォース」「危険」というキーワードが生まれてしまったのかもしれませんね。

 

ライスパワーエキスNo.11が医薬部外品指定されている成分

繰り返しになりますが、ライスフォースのディープモイスチュアシリーズには保湿有効成分として「ライスパワーNo.11エキス

が配合されており、これが医薬部外品指定されています。

「ライスパワーエキス」は聞きなれない言葉ですよね。

具体的にどんなものなのでしょうか。

 

ライスパワーエキスは複数の種類がある

勇心酒造が開発した「ライスパワーエキス」はNo.11だけではありません。

他にも複数の種類が存在するのです。

例えば「ライスパワーNo.1」は保水力をサポートし健全な肌を保つ効果、「ライスパワーNo.2」は肌を守りながら洗浄する効果、「ライスパワーNo.7」は適切な油分を保ちカサつきをケアする効果、「ライスパワーNo.10」は皮脂をコントロールする効果、などなど。

これらはそれぞれの特徴を生かして様々なコスメ用品に使われています。

 

ライスパワーを発見した勇心酒造は、お米の持つ無限の力を確信し、研究開発を重ねてきました。

ライスパワーエキスは、皮膚や胃がもともと持っている力を引き出し、身体機能そのものを改善・健全化していきます。お米と微生物の組み合わせ方によってその効果は異なり、効果が確認されたものにはNo.がつけられます。

引用:勇心酒造

 

そんなライスパワーの中でも、「ライスパワーNo.11」の開発は革命的だと言えます。

その水分保持能改善効果(肌が自ら水分を保持する力を高め、改善する効果)が認められ、「医薬部外品」新規有効成分として世界で唯一認定された成分なのですから。

 

ライスパワーNo.11エキスの効果のメカニズムを大まかにご説明しておきましょう。

私たちの肌の角質層で水分を保つ主要な役割をしているのが「セラミド」。

セラミドは角質細胞の間を水分で満たされたクッションで埋めています。

セラミドは肌の奥で作られますが、加齢や外部刺激などによって減少し、それが元で乾燥肌、敏感肌が引き起こされてしまいます。

ライスパワーNo.11エキスは、このセラミドを増やす働きが確認されています。

それこそがライスパワーNo.11エキスの「水分保持能改善効果」です。

 

つまりライスパワーNo.11エキスを主成分とするライスフォースを使うと、肌が自ら水分を蓄え、みずみずしい肌へと改善していくということなのです。

ライスフォースが「医薬部外品」なのは、この革命的成分ライスパワーNo.11エキスを高濃度で配合しているからなのですね。

 

敏感肌の人にとって気になる成分がライスフォースには入っている?!

パラベンが気になる!でもその安全性は食用レベル

最近は無添加化粧品で「パラベンフリー」を大きくアピールしているものも多いですね。

それを見ると、パラベンは体に悪いものなのでは、と思ってしまいがちです。

パラベンは30年以上前に表示指定成分となり、一気に悪いイメージが広がりました。

確かに人によっては刺激を感じることもある防腐剤です。

でもパラベンの中にも種類があって、「ブチルパラベン」という種類のものは刺激が強く蕁麻疹を起こす人もいたようですが、安全性が叫ばれる現在ではほとんど使用されていません。

ライスフォースを含め現在のコスメ用品は、パラベンの中でも作用が弱く安全性の高い「エチルパラベン」や「メチルパラベン」を使用しています。

 

そもそもなぜ防腐剤を使用しなければいけないのかというと、当たり前ですが化粧品は腐りやすいから。

化粧品は肌への栄養となる成分がたくさん入っていますが、それはカビや細菌にとっても栄養となるため、菌が繁殖しやすいのです。

医薬品医療機器法(旧薬事法)では、最低3年間品質が保証されない化粧品は販売できないと定めているため、必然的に化粧品には防腐剤を添加することになるのですね。

 

ライスフォースに使用しているパラベンについて、公式サイトでは以下のような記載があります。

基本の成分がお米という天然素材であるため、防腐剤として必要最低限のパラベンを使用しています。ライスフォースに使用しているパラベンは食品に使われているものと同じものです

引用:ライスフォース公式サイト

 

なぜ天然由来の防腐剤を使わないの?と思う方もいるかもしれませんね。

確かに天然由来の防腐剤もありますが、防腐作用は到底パラベンには及びません。

例えば「フェキシエタノール」という天然由来の防腐剤をパラベンと同じくらいの防腐効果になるまで添加した場合、その量は非常に多くなり、パラベンよりも毒性が強くなるという研究結果もあるくらいなのです。

ライスフォースは安全性を考慮し厳選した上で、パラベンを使用しているというわけなのですね。

 

ライスフォースに副作用の報告はある?

ライスフォースに配合されている成分によって重篤な副作用が出たという報告はありません。

前述のように着色料・香料・動物性原料・石油系界面活性剤は無添加、弱酸性、アレルギーテスト済みで安全性は高いとされています。

「医薬部外品」であることから、作用が強いので人によっては肌への刺激や違和感を感じる可能性もあります。

特にアレルギー体質の人は、原材料を確認して購入するようにしましょう。

万が一ライスフォースを使用して体調に異変が生じたときは、すぐに使用を止めて医師に相談してください。

 

本製品をいきなり買うのは危険度かも?まずはトライアル!

ライスフォースの安全性の高さをご説明してきましたが、ライスフォースを初めて使う場合はまずは「お試し」をしてみることをお勧めします。

肌に合うかどうかは使ってみなければ分かりません。

もし本商品をいきなり購入して肌に合わなかったらもったいないですし、かといって無理やり使い続けるのは危険です。

ライスフォースには約10日分のトライアルキットが用意されています。

3点セットが900円(税抜)、5点セットが1,400円(税抜)と特別価格。

送料無料ですし、30日間返品保証もついているので、気軽にお試しすることができますよ!

 

まとめ

ライスフォースの安全性について、その成分を検証してご紹介してきました。

ライスフォースに配合されている保湿有効成分「ライスパワーNo.11エキス」は医薬部外品に認定された効果の高い成分です。

お米から作った成分なので安全性は高いですが、効果も強いだけに用量などを守り適切に使いましょう。

ライスフォースのその他の配合成分を見ても、安全性を最大限に考慮し厳選されていることが分かります。

敏感肌の人も使える処方となっているので、まずはトライアルキットでそのパワーを実感してみてはいかがでしょうか。







よく読まれている記事

-ライスフォーストライアルキット

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.