ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

プラステンアップ

危険?プラステンアップ成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:9月 10, 2018 更新日:



今、話題の「プラステンアップ」ですが、一体どういった商品なのでしょうか?

「プラステンアップ」は、身長の成長をサポートする事を目的とした成長補助サプリメントです。

その最大の特徴は、ほかの成長補助サプリメントとは異なり、中高生向けに作られた商品であるという点が挙げられます。

中高生といえば、所謂お年頃と言われる多感な時期です。

 

その時期に、身長が伸び悩みコンプレックスを抱えている方や、身長に悩むお子様をお持ちの保護者の方におすすめなのが、この「プラステンアップ」。

実に魅力的な「プラステンアップ」ですが、インターネットで検索してみると「副作用」という不安なワードを目にすることがあります。

 

サプリメントといえば、基本的に毎日摂取するものですし、この「プラステンアップ」の場合は中高生のお子様向けという事もあって、不安を感じている方や、購入を躊躇っている方もおられるかと思います。

では、実際のところ「プラステンアップ」を服用すると副作用が出るのでしょうか?

そこで今回は、気になる「プラステンアップ」の安全性、副作用の有無や詳細について、まとめてみました。

 

プラステンアップの安全性や危険性を詳しく!気になる副作用は?

先程お話した通り、インターネットで「プラステンアップ」を検索してみると、関連ワードとして「副作用」の文字を目にします。

中高生のお子様が服用する成長補助サプリメントですので、その品質や副作用は特に気になるところですよね。

では、本当に副作用があるのか?という疑問について調べてみました。

 

プラステンアップは副作用がないって本当!?

気になる「プラステンアップ」の副作用について、インターネットを始め、あらゆる面から情報を集め調べてみました。

しかし、当初の不安とは異なり、「プラステンアップ」に副作用があるという明確な情報は見つかりませんでした

 

実際に購入、服用された方のレビューを見ても、副作用が出たと言った声はあがっていません。

このことから、「プラステンアップ」は副作用の心配のなく、全性の高いサプリメントであることがうかがえます。

 

注意すべきは副作用よりもアレルギー!

前項でご説明したように、「プラステンアップ」には副作用がないという事がわかりました。

副作用がないという事で安心したものの、アレルギーについてはどうでしょうか?

この点については、食品アレルギーのある方にとって、副作用と同様に気になるところですよね。

「プラステンアップ」の原材料について調べてみると、原材料の一部に乳、大豆、ゼラチン、やまいも、リンゴの使用が確認されました。

 

したがって、上記5つに対してアレルギーのある方や、アレルギーを起こす心配のある場合には、服用を控えるべきです。

5つの成分の中でも、乳や大豆、リンゴに関しては、アレルゲンとして代表的な食材として挙げられる3つです。

 

また、それまでアレルギーを起こしたことがない場合にも、突如として、アレルギーになることもあります。

万が一、服用後に体調の異変がみられる場合には、副作用と決めつけず、必ず早急に病院を受診し、医師の指示に従ってください。

受診する際には、医師が成分の確認ができるように、必ず「プラステンアップ」本品を持参しましょう。

 

「プラステンアップ」の配合成分の品質については?

砂糖、ミルクカルシウム(乳成分を含む)、レモン果汁粉末(レモン濃縮果汁、デキストリン、澱粉)、粉末還元水飴、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、ギャバ、スピルリナ原末、クワンソウ粉末、乳酸菌粉末、ビフィズス菌末、オルニチン、シトルリン、α-GPC加工品(大豆を含む)/酸味料、炭酸Ca、ビタミンC、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、酸化Mg、メチオニン、トレオニン、グルタミン、シスチン、チロシン、アルギニン、グリシン、アラニン、アスパラギン酸Na、ヒスチジン、ブロリン、セリン、ロイシン、イソロイシン、バリン、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

公式サイトによると、成長サポート効果があるとして、配合成分の中からいくつかの原材料名を挙げて解説しています。

では、それらの成分は本当に効果が期待出来るものなのでしょうか?

そこで、国際的にも信用度が高いとされているナチュラルメディシンを中心に、その他権威ある情報をもとに、公式サイトで紹介されている原材料の効果や、期待される働きについて調べてみました。

 

クワンソウ

普段あまり聞き慣れないクワンソウですが、こちらは中国原産の薬草の一種です。

日本国内では、九州地方から沖縄にかけての比較的暖かい気候の土地で栽培されています。

沖縄では、自宅の庭や畑などで栽培されている事が多く、食用として使用されているポピュラーなものです。

 

クワンソウには、睡眠改善の効果があると言われていますが、残念ながら現時点で人に対する効果の有効性というのは見つかっていないというのが正直なところです。

ただし、クワンソウについては日々研究されており、クワンソウに含まれる

 

「オキシピナタニン」

 

という成分を摂取することにより、睡眠を改善するという成果が報告されているのも事実です。

 

実際の研究結果報告は、以下の通りです。

世界で初めてクワンソウからオキシピナタニンを安定的に抽出することに成功し、抽出したオキシピナタニンの機能解析を行ったところ、マウスやラットにおいてグリシンの 100 倍以上の睡眠誘発効果を示し、また睡眠導入薬として服用されるベンゾジアゼピン系薬物のように睡眠中に異常な脳波を示すことが無いことが明らかになり、極めて自然な睡眠を誘発する物質であることが証明されました。

引用元:株式会社クレイ沖縄「ストレス解消・鎮静成分オキシピナタニン「睡眠改善剤」として日本・世界特許取得」

では、結局実際に効果はあるのか?と疑問については、かなり判断が難しいです。

判断が難しい理由として、この研究が人間ではなくラットを対象にしたデータであるというところが挙げられます。

厚生労働省による

 

「健康食品の正しい利用法」

 

では、

 

「細胞や動物を対象とした実験結果により証明された効果は、人間に対しても同様の効果を期待できるのか?」

 

という質問に対して、以下のように回答しています。

「動物と人間では、消化器官の働きや吸収の仕組みなどが異なるため、確実に同じ結果を得られるとは考えられません。」

この厚生労働省の回答にもあるように、動物と人間では、体の仕組みや構造が異なるため、動物に効果があったからといって、人間にも同様に効果があるとは言い難いというのが正直なところです。

動物実験というのは、本来

 

「効果がある」

 

「効果がない」

 

のどちらなのかを調べるために行われるものです。

結果がどちらであったにせよ、対象が人間以外である以上、一概に同様の効果が見込めるとは言いきれません

なんとも歯切れの悪い表現になってしまいますが、結論としては、効果がないと決定付けることは出来ませんが、確実に効果が期待できるとは言えないというところでしょう。

 

スピルリナ原末

こちらもあまり聞き馴染みのない原材料ですが、このスピルリナというのは単細胞微細藻類です。

その歴史は長く、今から約30億年前には存在していたとされる原核生物の一種で、ラテン語で

 

「ねじれた」

 

 

「螺旋」

 

を意味する

 

「Spira」

 

がスピルリナという名前の由来だといわれています。

太古から存在するスピルリナですが、その効果が注目されるようになったのは、意外にもつい最近の事です。
1967年エチオピアで開催された国際応用微生物会議にて

 

「スピルリナは栄養素が豊富で、将来の食料源になるだろう」

 

と報告された事をきっかけに、1970年代から健康食品として注目を集め始めました。

このスピルリナに関して、WHO(世界保健機関)からは

 

「理想的な栄養補給源」

 

とのコメントが発表されています。

実は、このスピルリナには、ビタミンやミネラルだけでなく、およそ50種類以上もの豊富な栄養素が含まれているのです。

その豊富な栄養素を含むという特徴から、

 

「食べるだけでダイエット効果がある」

 

との評判も聞かれますが、これについては未だにはっきりとした有効性が確認されていません。

ただし、スピルリナは栄養補給源として大変優秀であるのは間違いないので、その点についてはおすすめです。

スピルリナは、基本的には安全なものです。

 

しかし、細菌や有害な金属などで汚染されているものの場合、健康被害の危険性が高くなります。

そのため、きちんと検査され、安全性が確認されたものであるかどうかが重要になってきます。

「プラステンアップ」の公式サイトによると、安全性の確認のため食品分析を行っていると明記されていますので、その点については安心ですね。

その事から、「プラステンアップ」に使用されているスピルリナは、安全性が高く、安心して摂取することができると言えます。

 

α-GPC加工品(大豆を含む)

α-GPCとは、母乳にも含まれる成分であり、大豆の脂肪酸から生成されてた健康食品が販売されるなど、その優れた栄養成分から注目を浴びている食品です。

このα-GPCには、

 

「記憶力の改善」

 

 

「成長促進」

 

の効果があるとして話題になっています。

しかし、実際には科学的データが不十分で、そのような効果があるとは言いきれません。

とはいえ、まったく効果がないとも断言はできないので、ある程度効果を期待して摂取することに問題はありません。

安全性については、母乳にも含まれる成分という事もあり、基本的には安全です。

 

ただし、過剰摂取した場合の情報がないので、念の為にも、過剰摂取には注意が必要です。

 

製造工程の安全性については?

「プラステンアップ」の公式サイトによると、

 

「安全と品質のため、信頼できる栃木県の食品工場で製造」

 

と掲載されています。

それ以外に工場についての記述がなく、実際に安全性や品質が確保されているのかが判断できません。

そこで、本当に安全性が確保されているのか、商品裏面に記載されている製造者を調べてみました。

製造者である

 

「株式会社サプリパーク」

 

について調べたところ、サプリメントの製造以外の業務として、商品の梱包やプロモーションなどを行っているという事がわかりました。

この会社が販売する商品

 

「母なるおめぐみ」

 

の紹介ページによると、ISO22000認定のされた工場で製造しているとの記載を確認できました。

この事を踏まえると、サプリメントの製造は、おそらくすべて同じ工場で行っていると思われるため、「プラステンアップ」もISO22000認定のされた工場で製造されているものと言えるでしょう。

このISO22000とは、食品安全マネジメントシステムのことです。

 

「製品の製造から発送に至るまで、すべての過程で食品危害を防ぎましょう」

 

というのが主な目的の規格です。

公式サイトだけの情報では少々わかりづらかったところは残念ですが、「プラステンアップ」の製造工程は安全であると判断できます。

販売元の信頼性は?

 

「プラステンアップ」を販売している

 

「サンテミナ株式会社」

 

という会社について調べてみました。

販売元はどういった会社なのか?と疑問に思う方が多いようで、

 

「プラステンアップ 販売会社」

 

「サンテミナ株式会社 評判」

 

などのワードが多々検索されていました。

可能な限り調べてみましたが、残念なことに企業ホームページがありませんでした。

商品裏面の問い合わせ先欄にも記載がないため、おそらくホームページ自体用意されていないものと思われます。

そのため、販売元の信頼性については、今回は評価ができません。

 

ホームページがなく、あまりにも情報が乏しいため、低評価も高評価も判断できませんので、こちらはご了承ください。

安全性については確認できませんでしたが、今回調べてみてわかった

 

「サンテミナ株式会社

 

」の情報は以下の通りです。

サンテミナ株式会社について

こちらでの公開は控えますが、商品裏面には会社所在地や電話番号が記載されています。

企業ホームページがないからといって、あまり心配する必要はありません。

「プラステンアップ」以外の商品として、元々専門として販売していた

 

「ノニジュース」

 

をはじめ、

 

「マインドガード」

 

という青汁などを販売している事から、おそらく健康食品の取り扱いを専門とする会社のようです。

「プラステンアップ」の公式サイトにはありませんが、

 

「ノニジュース」

 

の公式サイトでは、代表者である伊藤有幸さんの顔写真を公開しています。

 

まとめ

今回は、「プラステンアップ」に関する安全性や副作用の有無についてまとめてみました。

一部食品アレルギーの危険性はありますが、総合的に見ても「プラステンアップ」の安全性は高いものと判断できます。

心配される副作用もありませんので、興味を持たれた方は是非お試しください。

ただし、先にもお話したように、食品アレルギーを引き起こす可能性のあるアレルゲンが含まれていますので、服用後に体調に異変がみられる場合には、必ず病院を受診し、医師の指示に従いましょう。



プラステンアップ最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★







よく読まれている記事

-プラステンアップ

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.