ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ダイエット茶・コーヒー チャコールバターコーヒー

危険?チャコールバターコーヒーの飲み方、成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:



チャコールバターコーヒーは、代謝や脳を刺激してくれるダイエットコーヒーです。

飲むだけでバターの脂質がエネルギーに変わり、効率よく脂肪が燃焼できます。

ダイエット効果が期待できると海外セレブの間で人気を集め、この度日本にも上陸しました。

 

そんなチャコールバターコーヒーですが、「副作用などの危険性が心配・・・」という方も多いと思います。

いくらダイエット効果があるとしても体に悪影響を及ぼすものは摂取したくないですよね。

 

そこで今回は、チャコールバターコーヒーの安全性や健康被害・副作用などの有無についてご紹介します。

 

危険?チャコールバターコーヒー成分は安全?

まず、チャコールバターコーヒーに含まれている成分を見ていきましょう。

 

コーヒーパウダー、脱脂分乳、有機マカ末、有機アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン、有機ショウガ末、バターパウダー、香料、原料の一部に乳を含む

 

チャコールバターコーヒーに配合されている成分はほとんどが天然由来のものとなっています。

食品添加物は香料のみしか配合されていません。

 

特殊加工を施した低脂肪バターを配合

チャコールバターコーヒーに配合されているバターは、特殊加工が施された低脂肪バターです。

一般的なバターよりも飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が大幅に少ないので、安心して飲むことができます。

 

また、満腹感を感じやすいため、置き換えダイエットとしてもおすすめです。

ちなみに、脂肪酸とは中性脂肪の原因となる飽和脂肪酸の一種です。

生活習慣病の温床になりやすく、摂取を控えた方がいいと言われている成分です。

 

体内の毒素を吸着・排出する「活性炭」を配合

活性炭というと防臭剤や飲水の洗浄に使われるイメージがありますが、食品として摂取することも可能です。

チャコールバターコーヒーにも食品専用の活性炭が配合されています。

 

体内の毒素を吸着してそのまま体外に排出する効果がありますので、体の内側からデトックスができます。

活性炭は胃腸で吸収されることがないことから、安全性は心配ないと考えられます。

 

ただし、活性炭には消化した食べ物を吸着する働きがあるため、食後に服用すると必要な栄養素まで吸着する可能性があります。

そのため、チャコールバターコーヒーは空腹時に飲むのがおすすめです。

 

デトックス成分「水溶性食物繊維」が配合

活性炭以外にも、腸内環境をサポートするために下記の2つの成分が配合されています。

 

  • アカシア食物繊維
  • アガベイヌリン

 

これらの水溶性食物繊維により、デトックス効果が得られます。

というのも、水溶性食物繊維には腸内の善玉菌を増やす働きがあると言われています。

さらに、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を穏やかにする作用があることでも知られています。

 

チャコールバターコーヒーは特定保健用食品や機能性表示食品ではありませんが、これらに配合されている成分と同じものが多数含まれています。

 

脂肪燃焼を促進する「マカ」を配合

チャコールバターコーヒーには、燃焼系ダイエットサプリでは定番の成分でもある「マカ」が配合されています。

マカに含まれるショウガやカフェインが血行の改善を促すため、ダイエット効果が期待できます。

 

チャコールバターコーヒーは副作用の危険性はあるの?

チャコールバターコーヒーに含まれている成分は、ほとんどが自然由来のものです。

そのため、副作用の危険性はなく安全に使用できます。

ただし、食物アレルギーを持っている方は配合されている成分をよく確認してから使用してください。

 

チャコールバターコーヒーの危険性

チャコールバターコーヒーの成分には、一体どんな危険性が潜んでいるのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

腹痛の可能性①

コーヒーには胃液分泌を促進する効果があります。

適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎると胃液の分泌量が多くなり、胃を傷めてしまいます。

 

その結果、腹痛を引き起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

腹痛の可能性②

チャコールバターコーヒーには低脂肪バターが配合されています。

そのため、乳製品に対してアレルギーを持っている方は腹痛・下痢が起こることがあります。

 

チャコールバターコーヒーで副作用の報告はある?

インターネット上の口コミなどを調べてみましたが、チャコールバターコーヒーを飲んで何らかの副作用が起こったという報告は1件も見当たりませんでした。

ただし、アレルギーを持っている方は必ず公式サイトに載っている成分表を確認し、医師に相談したうえで服用しましょう。

 

最初の3日間は体調が悪くなる人もいる

チャコールバターコーヒーには活性炭が配合されていますので、デトックス効果があります。

そのため、稀に体内の老廃物を排出する間に体調が悪くなることがあります。

体内の余分なものが排出されている好転反応のひとつですので、そのまま服用を続けて構いません。

 

チャコールバターコーヒーは何故安全なの?

自然由来のものが多い

チャコールバターコーヒーに含まれる成分は自然由来のものがほとんどです。

例えば、アカシア食物繊維はアカシアガム100%の天然素材から抽出されています。

 

また、マカ末は日本の有機JAS認定の工場で加工されており、アガベイヌリンは世界の規格でも認められているる原料が厳選して配合されています。

徹底した品質管理のもとで、素材にもこだわって製造されているのです。

 

このように、チャコールバターコーヒーは動物性・植物性由来の原料で出来ているため、副作用の危険性がほとんどありません。

ただし、多量摂取をしたりアレルギーを持っている方が服用すると、体調不良を起こす危険性がありますので注意しましょう

 

1杯ずつ梱包されている

チャコールバターコーヒーは1杯ごとに袋分けされているので、コーヒー粉末が空気に触れる心配がありません。

1杯分を測る手間も省けますし、一石二鳥です。

ただし、直射日光や湿気の多い場所では、変色して味が変わってしまう可能性がありますので、保管場所には注意しましょう。

開発者本人がしっかりと体験

チャコールバターコーヒーは、アメリカのシリコンバレーの起業家が発明しました。

その効果と安全性は、実際に開発者本人が飲んで立証しています。

なんと、その開発者はチャコールバターコーヒーで36kgの減量に成功したのです。

 

チャコールバターコーヒーの服用を避けたほうがいい場合

副作用などの危険性がほとんどないチャコールバターコーヒーですが、下記の方は服用を避けてください。

 

  • 成長過程の子供
  • 妊娠中の方

 

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインは子供には刺激が強く、めまいや不眠を引き起こす危険性があります。

15歳未満で、なおかつ体重が50kgに満たない子供は服用を避けましょう。

 

また、妊娠中の方は胎盤を通して赤ちゃんにカフェインを送り込んでしまうことになります。

発達障害や早産を防ぐためにも、チャコールバターコーヒーの服用は避けてください。

 

不眠、睡眠の質低下

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれているので、寝る前に飲むと眠れなくなってしまいます。

また、眠りが浅くなってしまい、質の良い睡眠が取れなくなる可能性があります。

そのため、チャコールバターコーヒーは朝もしくは日中の服用がおすすめです。

 

まとめ

チャコールバターコーヒーには副作用の危険性がある成分は配合されていません。

天然由来の成分がほとんどですので、安心して飲むことができます。

 

ただし、チャコールバターコーヒーはその名の通りコーヒーの一種です。

コーヒーにはカフェインが配合されていますので、小さい子供や妊娠中の方は服用を避けましょう。

 

チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中でも飲める?添加物・カフェインは大丈夫?

「飲むだけでダイエットが出来る!」と海外セレブの間で流行しているチャコールバターコーヒー。

日本に上陸してからは、SNSでも話題沸騰中です。

 

そんなチャコールバターコーヒーですが、妊婦中や授乳中でも安心して飲めるのでしょうか?

もし飲むことができれば、妊娠中・授乳中でも無理なくダイエットができますよね。

 

そこで今回は、チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中でも飲めるのかどうかや、添加物・カフェインの安全性について解説していきます。

 

チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中でも飲める?

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれていますので、妊娠中や授乳中に摂取することはおすすめできません。

どうしても飲みたい方は、医師に相談の上、指示を仰ぎながら飲んでください。

 

添加物・カフェインは大丈夫?

まずは、チャコールバターコーヒーの原材料を見ていきましょう。

 

名称:コーヒーパウダー含有加工食品

原材料:コーヒーパウダー、脱脂粉乳、有機マカ末、有機アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン、有機ショウガ末、竹炭、備長炭、活性炭、バターパウダー、香料(原料の一部に乳を含む)

 

原材料を見ると、チャコールバターコーヒーに配合されいる添加物は香料のみのようです。

それ以外は天然成分ですので、添加物については特に問題ありません。

 

続いてカフェインですが、チャコールバターコーヒーにはコーヒーパウダーが配合されています。

つまり、カフェインも含んでいるということです。

このことからも、妊娠中・授乳中はチャコールバターコーヒーの服用は避けた方が賢明だと言えます。

 

妊娠中のカフェインはなぜいけないの?

覚醒作用や疲労回復に効果的なカフェインですが、妊婦や赤ちゃんにとっては良いものではありません。

ここでは、カフェインを控えるべき理由について解説していきます。

 

流産、死産率が上がる?

カフェインの摂取量によって、流産や死産のリスクが異なります。

まず、カフェインの摂取量が1150mg未満であれば、さほど流産のリスクは高まりません。

 

しかし、カフェインの摂取量が300mgを超えると、流産のリスクは2倍にも膨れ上がると言われているのです。

妊婦がコーヒーを18杯以上飲むと、死産のリスクが高まるという報告もあります。

カフェインを大量に摂取することで、胎盤への血流量が減少するためです。

 

現段階では胎児の発育との関連性については結論が出ていませんが、コーヒーやタバコなどの嗜好品を好む妊婦の赤ちゃんには、早産や胎児の発育の遅れが見られます。

 

カフェインが体内にたまる場合も

カフェインは胎盤を通ってお腹の赤ちゃんにも移行します。

赤ちゃんは肝機能の発達が未熟なため、カフェインが排泄されるまでに時間がかかってしまいます。

 

また、妊娠後期は代謝機能が1/3に減少するため、妊婦自身もカフェインの分解・排泄に時間がかかります。

そうすると、胎児にカフェインが蓄積して負担がかかってしまう可能性があります。

 

また、カフェインは母乳にも移行するため、授乳中のコーヒーの摂取もおすすめできません。

乳幼児突然死症候群の発症率も高くなるといわれていますので、チャコールバターコーヒーの摂取は避けましょう。

 

胃もたれの原因になる

妊娠中期~後期は、お腹が大きくなるにつれて胃液が逆流しやすくなります。

そのため、この時期は胃もたれをおこす妊婦さんが多いです。

カフェインは胃液の分泌を活発にするため、胃液がさらに逆流して胃もたれが悪化する危険性があります。

 

カルシウムが排出される

カフェインを多量に摂取すると、カルシウムの排出が促されます。

カルシウムは骨や歯を作るために必要不可欠な成分ですが、胎児のカルシウムが不足すると母体から補うことになります。

そのため、産後は歯や骨が弱くなってしまう可能性があります。

 

授乳中のカフェインはなぜいけないの?

カフェインは体内吸収が素早く、母乳にも影響を与えやすいと言われています。

そのため、授乳期の赤ちゃんの健康を考えるとカフェインは控えた方が無難です。

 

ご存じの方も多いと思いますが、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは神経を覚醒させる働きがあります。

赤ちゃんにも、下記のような悪影響を与える可能性があります。

 

  • 夜泣きが多くなる
  • なかなか寝てくれない
  • 感情起伏が激しく不機嫌になりやすい
  • 母乳を飲まなくなる

 

適量であれば母体にはさほど悪影響は出ませんが、赤ちゃんに与える影響は計り知れません。

 

産後の授乳期に摂取しても問題ないカフェインの量は?

産後の授乳期にはカフェインの摂取は避けるべきですが、コーヒーが好きな方にとっては辛いですよね。

そもそも、アラビカ種の豆から挽いたドリップコーヒーには、カップ1杯(150ml)あたり約135mgのカフェインが含まれています。

 

あくまで一般的な話ですが、このようなコーヒーは123杯程度の摂取であれば問題ない』と言われています。

仮に1日2杯飲むとすると、カフェインの合計摂取量は約270mgとなります。

この量であれば、産後に飲んでも問題はありません。

 

また、インスタントコーヒーに含まれるカフェインの量は、通常のドリップコーヒーの半分程度しかありません。

カフェインの量が少ない理由は、安価なコーヒー豆を使っている事が多いからです。

産後のカフェイン摂取は良くないと言われていますが、摂取量を守ればさほど心配する必要はありません。

過度に心配し過ぎて神経質にならないようにしましょう。

 

まとめ

チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中の服用は避けた方が賢明です。

ただし、1日の摂取量を守れば問題ないとも言われていますので、飲みたい方は一度医師に相談してみてください。

チャコールバターコーヒーには体に必要な栄養素がたっぷり含まれていますので、健康維持のために飲むのもおすすめです。

 

チャコールバターコーヒーダイエットに効果的・痩せるな飲み方とは?

チャコールバターコーヒーは、海外セレブから人気を集めている活性炭ダイエットコーヒーです。

公式サイトの定期コースに申し込むと、1杯あたり約63円で試すことができます。

しかし、チャコールバターコーヒーでダイエットを成功させるためには、飲み方や飲むタイミングがとても大切です。

 

そこで今回は、チャコールバターコーヒーのダイエットに効果的な飲み方について解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

チャコールバターコーヒーの正しい飲み方は?

チャコールバターコーヒーは、正しい飲み方を実践しなければ十分な効果を得ることができません。

ここではチャコールバターコーヒーの作り方や、ダイエットに効果的なおすすめの飲むタイミングをご紹介していきます。

 

簡単!チャコールバターコーヒーの作り方

チャコールバターコーヒーは1包ずつ袋分けされていますので、1回あたり1を使用します。

120150ccのお湯か水に溶かし、かき混ぜれば完成です。

水にも溶けるので、アイスコーヒーとしても楽しむことができます。

 

ホットのほうがバターの香りを強く感じるので、バターの香りが苦手な人はアイスがおすすめです。

ただし、体の冷えはダイエットの大敵ですので、確実に痩せたい方はホットで飲みましょう。

 

また、ダイエットを成功させるためにも、チャコールバターコーヒーは砂糖やミルクを入れずに飲んでください。

余計なカロリー摂取を避ることで、効果を実感しやすくなります。

 

基本的には朝に飲むのがおすすめ

チャコールバターコーヒーは、朝食と置き換えるのがおすすめです。

コーヒーだけではお腹が空いてしまいそうですが、チャコールバターコーヒーには低脂肪のバターが含まれています。

 

バターの脂肪分が代謝や脳を刺激することで、空腹感が抑制されます。

さらに、朝から脂質を摂ることで体が覚醒しやすくなります。

 

心身の不調を改善してパフォーマンスを上げることができますので、仕事や勉強が捗ること間違いなしです。

 

効果を最大限発揮させる方法・使い方

チャコールバターコーヒーには低脂肪バターが含まれていますが、低脂肪バターには空腹感を抑える働きがあります。

そのため、空腹を感じやすい午前中や小腹がすく夕方前に飲むことで、暴飲暴食や間食を避けることができます。

夜に飲む方法

チャコールバターコーヒーの1日あたりの推奨摂取量は23となっています。

チャコールバターコーヒーには空腹を抑える効果があるので、小腹がすく夕方に飲むことで間食や夕食時のドカ食いを防ぐことができます。

 

ただし、コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが含まれています。

カフェインの効果は46時間と言われているため、少なくとも寝る4時間前までには飲み終わるように意識しましょう。

 

空腹に耐えられないときは少し食べるのもアリ

日本の夕食は他国に比べてボリュームが多いため、バターコーヒーだけで置き換えるのが難しいのが現状です。

だからといって、チャコールバターコーヒーを3杯以上飲むとカフェインを過剰摂取していまいますし、バターに含まれる脂肪分を燃焼することができません。

 

そんなときは、食前にチャコールバターコーヒーを飲んでから夕食を食べるようにしましょう。

そうすることで、夕食の量を自然と減らすことができます。

ただし、炭水化物は抜いて野菜を多めに食べるなど、食事管理はしっかりと行ってください。

 

運動との併用

カフェインには覚醒作用だけでなく、代謝をアップさせる効果もあります。

そのため、運動する前や入浴前のタイミングにチャコールバターコーヒーを飲むのもおすすめです。

 

カフェインの効果はコーヒーを飲んでから30分~1時間後に表れると言われていますので、タイミングを意識して飲みましょう。

そうすることで脂肪を効率よく燃焼することができます。

 

ホットで飲むと◎

チャコールバターコーヒーはお湯にも水にも溶けるので、ホット・アイスの両方を楽しむことが出来るます。

しかし、アイスコーヒーは体を冷やしてしまいます。

そのため、冷えを予防するためにもホットコーヒーで飲むのがおすすめです。

 

継続して飲む

チャコールバターコーヒーは即効性のあるダイエット食品ではありません。

満足した効果を得るためには、継続して飲み続けることが大切です。

最低でも23ヶ月は継続しましょう

 

チャコールバターコーヒーの飲み方の注意点は?

腹痛が起こることがある

コーヒーには胃液の分泌を促す作用があります。

そのため、飲み過ぎると胃液の分泌量が多くなって腹痛を起こしてしまいます

胃腸が弱い方は、11杯から様子を見てください。

 

また、チャコールバターコーヒーには2種類の食物繊維が含まれているため、整腸作用により腸のぜん動運動が活発化します。

便秘気味だった人は腹痛が起こりやすくなりますが、好転反応の一種ですので次第に症状は和らぎます。

 

カフェインによる不眠に注意

ダイエットには良質な睡眠も大切ですが、カフェインには覚醒作用があります。

カフェインの持続時間は46時間といわれていますので、寝る4時間前までに飲むようにしましょう。

 

チャコールバターコーヒーで本当に痩せるの?

チャコールバターコーヒーの考案者は36kgの減量に成功!

チャコールバターコーヒーの考案者はアメリカのIT起業家です。

自身のダイエットと健康管理のためにチャコールバターコーヒーを開発し、なんと36kgもの減量に成功しています。

チャコールバターコーヒーにはダイエットに効果的な成分が豊富に配合されているため、通常のバターコーヒーよりも痩せる可能性が高いと考えられます。

 

チャコールバターコーヒーを服用した人の実際の口コミは?

1ヶ月で-3キロ達成!美味しく飲めるし効果もありました。(女性/23/アルバイト)

海外で人気と聞いて、試しにチャコールバターコーヒーを買ってみました。

初めてバターコーヒーを飲みましたが、ダイエットコーヒーとは思えないほどとっても美味しいです!

バターのコクがあって、ホットでもアイスでも飲めます。

 

チャコールバターコーヒーを飲むようになってからは、普通のコーヒーではもの足りなさを感じるようになりました。

満腹感も得られるので、朝はこの1杯で充分です。

1ヶ月で3キロも体重が減りました。

普通のダイエットは食事制限や運動が大変でストレスが溜まりがちですが、チャコールバターコーヒーは美味しいし飲むだけなので、ストレスがありませんでした。

 

面倒な手間もないので、他のダイエットが続かなかった人におすすめです。

 

空腹が満たされる!(20代女性)

ハリウッド女優がチャコールバターコーヒーを愛飲しているという記事を見て、どんなものか購入してみました。

最初はバターの香りが気になりましたが、すぐに慣れました。

 

今では普通のコーヒーでは満足できないほどです。

空腹が満たされるので、朝食はチャコールバターコーヒーだけで十分です。

 

自然と食事量が減りました!(30代女性)

友達が飲んでいたので、飲み始めました。

お昼や晩御飯前などの小腹が空いたときに、間食の代わりにチャコールバターコーヒーを飲むようにしました。

 

間食の際のカロリーが減ったおかげか、普段の食生活のままにもかかわらず体重が1カ月で3kgほど減りました。

 

まとめ

チャコールバターコーヒーは、朝食または夕食の置き換えとして飲むことで効果が実感しやすいことが分かりました。

ホットでもアイスでも構いませんが、体を冷やさないためにはホットで飲んだ方が良いようです。

 

効果が出るまでの期間は個人差がありますので、継続して飲み続けることが大切です。

ぜひこの機会に、チャコールバターコーヒーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 







よく読まれている記事

-ダイエット茶・コーヒー, チャコールバターコーヒー

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.