ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

Uncategorized

危険?タピオカクレンズ成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:



タピオカクレンズには107種類ものボタニカル酵素が含まれています。

ボタニカルとは

 

「植物由来」

 

という意味ですから、体に良く、安全な印象が強いですよね。

しかし、タピオカクレンズは本当に安全な成分だけで作られているのでしょうか?

単に体に良い、という言葉だけを信じるのも良くありません。

 

配合されている成分をきちんと確認し、理解しておかなければ思わぬトラブルになってしまうことも。

今回はタピオカクレンズの成分やその効果、副作用についてまとめましたのでどうか参考にしてくださいね!

 

タピオカクレンズに副作用はあるの?アレルギーの心配はない?

さて、まずは公式サイトや口コミをもとにタピオカクレンズの副作用を調べてみました。

その結果、現段階では重篤な健康被害は報告されていないようです。

また、他のサイトも参考にしましたが副作用の記事はほとんど見られなかったので、タピオカクレンズは安全性の高いドリンクではないでしょうか。

 

しかし、気をつけなければいけないのがアレルギーです。

タピオカクレンズはボタニカルですから野菜や果物が多く原材料に含まれています!

アレルギーには個人差がありますから、もしアレルギーを持っている人なら成分表をきちんと確認した方が良いですね。

 

また、不安がある方は事前に病院に相談するのも良いでしょう。

 

タピオカクレンズの成分は?

それではタピオカクレンズの成分を確認していきましょう。

 

カクテルフレーバー

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、希少糖含有シロップ、こんにゃく精粉(国産)、ブルーベリー果汁パウダー、植物発酵エキス末(黒糖、大根、人参、カブ、ゴボウ、玉葱、蓮根、生姜、 ミョウガ、ユリ根、ワサビ、モヤシ、ジャガイモ、さつま芋、 里芋、ニンニク、白菜、キャベツ、ほうれん草、春菊、レタス、モロヘイヤ、フキ、 水菜、小松菜、チシャ、 チンゲンサイ、サラダ菜、ミツバ、ニラ、紫キャベツ、サニーレタス、パセリ、アサツキ、メネギ、セロリ、 カリフラワー、 ブロッコリー、食用菊、タケノコ、ズイキ、ウド、アスパラガス、カボチャ、きゅうり、白ウリ、 なす、トマト、スイカ、冬瓜、ゴーヤ、メロン、 シシトウ、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、明日葉、オオバコ、 カンゾウ、ドクダミ、クコ、スギナ、ウコン、マタタビ、ビワ葉、イチゴ、みかん、 レモン、梅、ビワ、ブドウ、プルー ン、スダチ、カボス、柿、梨、パパイヤ、マンゴー、柚子、バナナ、パイナップル、アーモンド、カシューナッツ、 昆布、ワカメ、ヒジキ、青のり、もずく、アオサ、アカサ、椎茸、舞茸、エノキ茸、シメジ、レイシ、玄米、大麦、 ハト麦、粟、キビ、ヒエ、 トウモロコシ、ごま、小豆、黒豆、インゲン、枝豆)、植物性乳酸菌(殺菌)/加工澱粉、酸味料、甘味料(スクラロース)、クチナシ色素、乳酸カルシウム、酸化防止剤(V.C)、ゲル化剤(増粘多糖類)、トマト色素、香料、レシチン、(一部にバナナ・大豆・カシューナッツ・ごまを含む)

 

カフェフレーバー

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、希少糖含有シロップ、こんにゃく精粉(国産)、コーヒー、植物発酵エキス末(黒糖、大根、人参、カブ、ゴボウ、玉葱、蓮根、生姜、 ミョウガ、ユリ根、ワサビ、モヤシ、ジャガイモ、さつま芋、 里芋、ニンニク、白菜、キャベツ、ほうれん草、春菊、レタス、モロヘイヤ、フキ、 水菜、小松菜、チシャ、 チンゲンサイ、サラダ菜、ミツバ、ニラ、紫キャベツ、サニーレタス、パセリ、アサツキ、メネギ、セロリ、 カリフラワー、 ブロッコリー、食用菊、タケノコ、ズイキ、ウド、アスパラガス、カボチャ、きゅうり、白ウリ、 なす、トマト、スイカ、冬瓜、ゴーヤ、メロン、 シシトウ、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、明日葉、オオバコ、 カンゾウ、ドクダミ、クコ、スギナ、ウコン、マタタビ、ビワ葉、イチゴ、みかん、 レモン、梅、ビワ、ブドウ、プルー ン、スダチ、カボス、柿、梨、パパイヤ、マンゴー、柚子、バナナ、パイナップル、アーモンド、カシューナッツ、 昆布、ワカメ、ヒジキ、青のり、もずく、アオサ、アカサ、椎茸、舞茸、エノキ茸、シメジ、レイシ、玄米、大麦、 ハト麦、粟、キビ、ヒエ、 トウモロコシ、ごま、小豆、黒豆、インゲン、枝豆)、植物性乳酸菌(殺菌)/酸味料、加工澱粉、甘味料(スクラロース)、カカオ色素、炭末色素、乳酸カルシウム、酸化防止剤(V.C)、香料、ゲル化剤(増粘多糖類)、レシチン、(一部にバナナ・大豆・カシューナッツ・ごまを含む)

 

タピオカクレンズの成分の危険性について

成分表を見るだけでは分からない言葉も多く、理解するのは難しいでしょう。

かといって一つずつ検索するのも手間ですから、主な成分を以下で説明していきますね!

 

希少糖含有シロップとは?安全?危険?

希少糖とは、ウィキペディアによれば

 

「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」

 

と定義されているものです。

総称であって、何か一つの糖を指しているわけではありません。

具体的にはL-グルコースやキシリトールが有名でしょう。

 

希少糖の特徴を挙げますと、まずカロリーがほぼゼロというところ。

なんと砂糖の主成分であるスクロースの0,3%のカロリーしかないのです!

また、インスリン分泌作用があり、糖尿病の改善や予防にも適しています。

 

そのほか、動脈硬化の防止や病気に対する抵抗力を高めてくれる作用もあるので、健康志向の方にはおすすめできる成分ですね。

植物の育成を抑える作用もあるんですよ。

 

希少糖はその種類によって自然界に存在するものもあれば、人工的に生成可能なものもあります。

タピオカクレンズにどの希少糖が使用されているのか、その記載がないのでやや不安ですね。

しかし、希少糖について調べると、食品内に含まれる希少糖による危険性はありません。

 

むしろ上記に挙げたようにメリットの方が大きいので、安心して摂取できる成分だと言えるでしょう。

ただし、ものによっては多量摂取によりお腹が緩くなることもありますから、使用量はきちんと守った方が良いですね。

 

こんにゃく精粉(グルコマンナン)は安全?危険?

メジャーなダイエット成分であるグルコマンナンは、水分と一緒に摂ることが重要です。

グルコマンナンはお腹の中で水分を吸って膨張しますから、ダイエット目的でも、安全に飲むためにも、水分が必要なのです。

また一度にたくさん摂取するとお腹が痛くなったり下痢をしたりする可能性がありますから、摂りすぎには注意。

 

また、グルコマンナンは糖やコレステロールの吸収を抑制する働きがありますが、その作用により薬等の成分も同時に吸収を妨げられてしまう可能性があります。

もし服用中の薬があるなら、一度病院で相談したほうが良いかもしれません。

薬だけでなく健康食品やサプリメントにも同様のことが言えますから、健康のことを考えればグルコマンナンを長期間摂取し続けるのはおすすめできません。

 

加工澱粉(デンプン)は安全?危険?

加工デンプンを使用すると食感や味に変化をつけられるほか、食品の安定性や成分の乳化を促すことができます。

種類によって配合される食品は様々ですが、低コストであることから多くの食品メーカーが使用していますね。

しかし実は、加工デンプンはその安全性に関する資料が少なく、問題として採り上げられることもあるようです。

 

赤ちゃんが飲むミルクやベビーフードにも含まれていることから、一見安全性が高そうに思われますが、EUでは一部の加工デンプンが乳幼児向けの飲食料に使用を禁止しているのです。

確かに、加工デンプンはデンプンを化学的に操作し、その特性を強めたり弱めたりしているわけですから、何かしらの危険性があってもおかしくはないでしょう。

念のため、小さい子供には摂取させない方が良いかもしれません。

 

酸味料は安全?危険?

酸味料とは文字通り酸味を加えたり、酸味を強めたりする目的で配合される食品添加物です。

食品のphを調整するためにも使われているんですよ。

実は酸味料は、いくつかの添加物が組み合わさって作用が成り立っているもの。

成分を細かく調べると、添加物ということもあり人体への影響が不安になるかもしれません。

 

ですが大丈夫。

食品添加物は保健所や健康安全研究センターの専門家が、使用量の基準を厳しく監督、検査を行っています!

添加量が基準値を超えてしまうと食品衛生法違反となり、商品として販売することができませんから、タピオカクレンズに含まれる酸味料も基準値内で危険性のないものだと判断できますね。

 

甘味料(スクラロース)は安全?危険?

スクラロースは砂糖の600倍もの甘みがあり、使用量が抑えられることからダイエット甘味料としても多く使われている成分ですね。

添加物として使用が認可されたのは1999年のことです。

比較的新しい食品添加物であることから、安全性に関する資料は多くがラットやうさぎなどを利用した動物実験のもの。

厚生労働省のホームページを見るとスクラロースの関しての動物実験の結果が見られますよ!

 

そこによればスクラロースの無毒性量は1日あたり1,500mg/kgとなっており、この量を超えて摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性が示唆されています。

また、無毒性量だけでなく、安全係数という更なる安全を確保するための数値が決められています。

無毒性量をこの安全係数100で割った数値が一日摂取許容量と呼ばれ、ADI値とも書かれます。

 

要は無毒性量の100分の1であれば危険性はほとんどない、ということ。

スクラロースの無毒性量は1,500mg/kgですからADI値は1.5mg/kg、つまり体重が50kgの人なら750mgまで大丈夫ということですね。

 

クチナシ色素は安全?危険?

これはよく耳にする食品添加物ではないでしょうか。

クチナシ色素は天然の色素で、比較的安く手に入れることができるのが特徴です。

同様に黄色の着色料としてサフランが挙げられますが、クチナシ色素はそれよりも安価で様々な色が作りさせるんですよ。

 

これが添加された食品を摂取しても重大な悪影響はなく、ラットを使った実験でも証明済み。

というより、クチナシ色素を毎日大量に摂取することはほとんどないでしょう。

クチナシ色素にはその他赤や青があり、いずれも問題視する必要はありませんが、唯一黄色だけは安全性が問題視されているようなので、それだけ気をつけてくださいね。

 

酸化防止剤(V.C)は安全?危険?

これは水に溶けやすい性質を持ち、食品の変色や褐変、風味の劣化などを防ぐ目的で配合されます。

酸化の特性を生かして品質改良剤としても利用されますし、栄養素のビタミンCとしても使われますね。

 

遺伝子組み換えのジャガイモやトウモロコシが原料なので意外に思う人もいるでしょう。

安全性が疑問視されることもありますが、含まれる量はとても少ないため、危険性は少ないと言われています。

 

香料は安全?危険?

一言で香料と言っても、具体的な成分名が表記されていなければ危険性を調べることができません。

タピオカクレンズもそうですし、大体の食品には記載がありませんよね。

具体名を知るためには販売元に直接問い合わせるのが一番かもしれません。

 

具体名がないために不安を覚える人もいるかもしれませんが、香料は基本的にとても添加量の少ないもの。

原材料の表示を見てみてください。

香料は使用量の一番少ない、最後に書かれていることが多いはずです!

 

原材料の表記は重量順になっていますから、他の添加物に比べてとても少ないことが分かりますね。

香料の危険性を心配するよりも、それより前に表記されている含有量の多い添加物を心配した方が良いでしょう。

 

レシチンは安全?危険?

レシチンは過剰摂取による人体への悪影響は少ないとされていますが、まれに吐き気や下痢、頭痛等の症状が起こるようです。

しかし調査した限りでは副作用の報告はなく、ヨードレシチンについても同様の結果となりました。

 

副作用というよりはアレルギーの原因となる可能性の方が心配かもしれません。

というのも、レシチンが多く含まれる食品は大豆や卵黄。

これらはいずれもアレルギーを持った人が多い食品ですよね。

 

大豆や卵黄アレルギーの人は発疹などの症状に注意し、不安な方はお医者様に相談してくださいね!

また、体調が優れない時に上記の症状が起こりやすいようなので、こちらも合わせて注意しましょう。

 

まとめ

参考になりましたか?

タピオカクレンズにはたくさんの成分が配合されており、中には難しい言葉もありましたね。

また、ボタニカルは植物由来という意味なので安全だと勘違いしやすいですが、あくまで植物由来なだけであってそれ以上の意味はありません。

 

重篤な症状を引き起こす可能性はとても低いですが、アレルギーを持っている人は注意すべき項目がいくつかありましたね。

万が一のことを考えると、あらかじめお医者様に相談するか、もしくはすぐに病院へ行けるようなタイミングで飲むのが良いでしょう。

むろん万が一の場合ですから、多くの人はタピオカクレンズを安全に飲むことができますよ!

 







よく読まれている記事

-Uncategorized

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.