ダイエット、美容、芸能情報などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

アスタリフトトライアルキット

危険?アスタリフト成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:

 

富士フィルムと言えば、カメラやフィルム。

実は、松田聖子さんのCMでおなじみのスキンケア「アスタリフト」も富士フィルムが開発したものなのです!

「アスタリフト」という名前に聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は口コミでも評判の高い「アスタリフト」の成分に危険なものが含まれていないか?

副作用や健康被害は報告されていないか?

など、購入を検討している方が気になるポイントについてまとめました。

 

アスタリフトの成分解析と毒性判定

アスタリフトの成分解析結果を以下に記載しておきます。

また、毒性判定は成分解析結果をもとに、身体や肌に対して有害なものが入っていないかをチェックする検査です。

 

アスタリフトジェリーアクアリスタ(先行美容液)全成分

水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

毒性のある成分

・PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー(合成ポリマー)

・BG (保湿剤、溶剤)

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na (酸化防腐剤)

・水溶性コラーゲン (界面活性剤、乳化剤)

・加水分解コラーゲン(保湿剤、界面活性剤)

・加水分解シロバナルーピンタンパク(紫外線吸収剤)

・オレイン酸ポリグリセリル-10 (合成界面活性剤)

・ミリスチン酸ポリグリセリル‐10 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸ポリグリセリル-2 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸スクロース(合成界面活性剤)

・レシチン (界面活性剤)

・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル (防腐剤)

・香料 (香料)

・フェノキシエタノール (防腐剤)

・パラベン(防腐剤)

 

アスタリフトローションT(化粧水)全成分

水、DPG、PEG-32、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、PEG-6、リン酸アスコルビルMg、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸レチノール、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、アルギニン、PEG-60水添ヒマシ油、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸スクロース、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルルチン、キサンタンガム、ダマスクバラ花油、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、香料、フェノキシエタノール

 

毒性のある成分

・DPG (香料、溶剤)

・PEG-32 (合成ポリマー)

・BG (保湿剤、溶剤)

・ペンチレングリコール (溶剤、殺菌剤)

・PEG-6 (合成ポリマー)

・水溶性コラーゲン(界面活性剤、乳化剤)

・加水分解コラーゲン(界面活性剤、保湿剤)

・PEG-60水添ヒマシ油 (合成界面活性剤)

・ミリスチン酸オクチルドデシル(合成界面活性剤)

・ステアリン酸ポリグリセリル-2 (合成界面活性剤)

・オレイン酸ポリグリセリル-10 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸スクロース(合成界面活性剤)

・レシチン (界面活性剤)

・香料 (香料)

・フェノキシエタノール(防腐剤)

 

アスタリフトエッセンスR(美容液)全成分

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、リン酸アスコルビルMg、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、加水分解エラスチン、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、アルギニン、ローヤルゼリーエキス、加水分解水添デンプン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、プルラン、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸スクロース、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルルチン、グリコシルトレハロース、キサンタンガム、ダマスクバラ花油、クエン酸、水酸化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール

 

毒性のある成分

・BG (保湿剤、溶剤)

・ペンチレングリコール (溶剤、殺菌剤)

・水溶性コラーゲン(界面活性剤、乳化剤)

・加水分解コラーゲン(界面活性剤、保湿剤)

・プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス(保湿性)

・加水分解エラスチン(保湿剤)

・PEG-60水添ヒマシ油 (合成界面活性剤)

・オレイン酸ポリグリセリル-10 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸ポリグリセリル-2 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸スクロース(合成界面活性剤)

・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル(防腐剤)

・香料 (香料)

・フェノキシエタノール(防腐剤)

 

アスタリフトクリームR (クリーム)全成分

水、BG、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、ベヘニルアルコール、グリセリン、PEG-75、メドウフォーム油、ステアリン酸ポリグリセリル-6、ジメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、バチルアルコール、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、ローヤルゼリーエキス、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ステアロイルグルタミン酸Na、水添レシチン、キサンタンガム、EDTA-2Na、香料、フェノキシエタノール

 

毒性のある成分

・BG(保湿剤、溶剤)

・PEG-75 (合成ポリマー)

・ステアリン酸ポリグリセリル-6 (合成界面活性剤)

・ジメチコン (合成ポリマー)

・ステアリン酸グリセリル(SE) (合成界面活性剤)

・ペンチレングリコール (溶剤、殺菌剤)

・水溶性コラーゲン(界面活性剤、乳化剤)

・加水分解コラーゲン(界面活性剤、保湿剤)

・オレイン酸ポリグリセリル-10 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸ポリグリセリル-2 (合成界面活性剤)

・ステアリン酸スクロース (合成界面活性剤)

・レシチン(界面活性剤)

・ステアロイルグルタミン酸Na (合成界面活性剤、洗浄剤)

・水添レシチン(合成界面活性剤、乳化剤)

・EDTA-2Na (キレート剤)

・香料 (香料)

・フェノキシエタノール(防腐剤)

 

アスタリフトの副作用および注意点

以上の成分解析結果を見ても、厚生労働省で古くから認められている成分をメインに作られているので、安心ですね。肌トラブルの危険性も極めて低いのではないでしょうか。

話が少々逸れますが、アスタリフトホワイトに配合されているアルブチンは、コケモモや梨などの果物にも含まれており、食べ過ぎるとトイレが近くなることがあると言われています。

肌への効果だけでなく利尿作用もあるようですが、経口摂取しなければトイレが近くなるなどのケースはほとんどありません。

他にも、アスタリフトホワイト中の海藻エキスや酵母エキス、コラーゲンなどは人間が摂取しても悪影響を及ぼすことはありません。安心して使用できますね。

 

アスタリフトの危険性は?確認のためにパッチテストを!

アスタリフトシリーズを使用する前に、副作用や危険性について知っておきたいと思う方も多いでしょう。

まず、副作用についてですが、医薬品ではないので報告されておりません。しかし、アスタリフトシリーズを使用してアレルギー症状が出た方はいるようでした。

このアレルギー症状の原因は、アスタリフトシリーズの成分の一つ、オキアミ由来のアスタキサンチンです。

オキアミは甲殻類なので、同じような甲殻類であるエビやカニに対するアレルギーをお持ちの方が使用すると、アレルギー症状が出ることがあります。

甲殻類アレルギーの原因はトロポミオシンという物質であることが多いのですが、キトサンに対してアレルギー症状が出ることもあるようです。

 

こういったアレルギー症状が心配な方は、使用前にパッチテストをしましょう。

二の腕の内側などの目立たない部分にアスタリフトを塗ってしばらく時間を置き、かゆみなどの症状がないかどうかをチェックします。

パッチテストで異常がなければ、アスタリフトシリーズを使用できます。

アスタリフトシリーズにはトライアルキットがあるので、現品を買う前にパッチテストを手軽にすることができますね。

ちなみに、妊娠・授乳中の女性が使用しても赤ちゃんには悪影響を及ぼすことはないそうです。

心配なことや気になることがある場合は、富士フィルム公式サイトで問い合わせすることをおすすめします。

 

︎まとめ

口コミでも評判の高いアスタリフトシリーズですが、特に危険な成分や副作用は報告されておらず、安心して使用できそうです。

 

しかし、甲殻類アレルギーをお持ちの方はアレルギー症状が出ることもありますので、ぜひ使用前にパッチテストをするようにしてください。

 

また、持病をお持ちの方や心配な点がある方は、富士フィルム公式サイトで問い合わせすることをおすすめします。





-アスタリフトトライアルキット

Copyright© man-gachat , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.