ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

こうじ酵素 ダイエット・健康 酵素・ダイエット・HMBサプリ

危険?こうじ酵素成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:



昨今のダイエットブームですが、ダイエット用の酵素サプリということで大人気なのが、こうじ酵素です。

こうじ酵素は代謝を向上させ、ダイエットに対して高い効果を見込むことが出来ます。

グーグルやヤフーで「こうじ酵素」と検索すると、予測語で「こうじ酵素 副作用」という言葉が出てきます。

これから飲んでみたいな。と思っている方は当然気になる内容でしょう。

今回は酵素を摂取した時に起こる反応や副作用についてご紹介していきます。

公式サイトに確認!話題のこうじ酵素に副作用はある?

管理栄養士が選ぶ効果を感じることができるサプリメント第1位に輝いているこうじ酵素ですが、下痢や便秘などの副作用はあるのでしょうか?

公式サイトに確認をしてみると、こうじ酵素は即効性のある医薬品ではなく健康食品であるため、副作用などの症状はないと確認することができます。

もしも、こうじ酵素を試されて、下痢や便秘などの症状が表れた際は、今まで体内に摂り入れていなかった成分が過剰反応することにより、副作用と感じてしまう場合があるようです。

こうじ酵素は、厚生労働省で定められたGMPという厳しい基準をもとに製造されているサプリメントのため、副作用もなく安心して体内に摂り入れることができる体内サポートサプリメントと言えます。

一方で、こうじ酵素で下痢・便秘など不調になった口コミも…

こうじ酵素を試した方の中で、効果を感じることができたという口コミは多く寄せられていますが、そのほかにも下痢や便秘などの症状が表れ、体に不調を感じたという口コミも寄せられています。
こうじ酵素を試された方の中で、体に不調を感じたという口コミには、実際どのようなものが寄せられているのか、確認してみましょう。

4日目の夜から

痩せると聞いたけどまだ変化はないです。 飲み始めて4日目の夜からひどい腹痛になり下痢をしてしまいました。

お腹が張った感じ

いつも下痢気味で悩んでいて整腸作用を期待して飲み始めたのですが、便秘気味になりお腹が張った感じがしてスッキリしないです。

こうじ酵素で不調になってしまう原因は?

どうしてこうじ酵素を試された方の中で、下痢や便秘などの体の不調を感じてしまう方がいるのでしょうか?

こうじ酵素にはレジスタントプロテインという天然の食物繊維が配合されていて、整腸作用を促してくれます。

便秘に悩まされていてお腹が張って苦しいと感じていた方でも、腸内環境を改善することで、便秘改善をすることができる人も多く、口コミもたくさん寄せられています。

しかし、こうじ酵素の効果を高めたいからと言って、1日に飲む量を増やしてしまえば、効果が出過ぎてしまい下痢を引き起こすこともあります。

こうじ酵素を飲む際は1日に3粒を目安に飲むことが進められていますので、量を守って摂取するように気をつけましょう。

好転反応について

好転反応というのは、体が調子の良い方向に向かう時に一時的に起こる反応を言います。

断食を行っているときやマッサージや整体などで血行やリンパの流れをよくするために施術を行ったときにも起こることがある反応です。

好転反応は、薬でもあります。わかりやすいところでいうと、便秘薬を飲むと、お腹が痛くなったりします。

これは、体が便秘を解消に向かっているから起きる現象で、副作用ではありません。

こうじ酵素の場合も飲むことにより、体内の酵素を活性化させますので、血行を促すことや、脂肪を燃焼させるために体が変化します。

体に溜まっている毒素を排出しようと体が変化することで、お腹がゆるくなったりする症状が、まれに出ることがあります。

酵素サプリで起きる好転反応の例

以下は、こうじ酵素に限った話ではなく、一般的な酵素サプリや酵素ドリンクなどを飲んで起きる好転反応のお話です。

好転反応によって、次のような症状が出る場合があります。

下痢

酵素系のサプリメントを飲んで起こる好転反応で一番多いのは、下痢です。

こうじ酵素の栄養素や乳酸菌の効果で腸内環境が改善された場合には、今まで便秘だった場合には、腸に滞留していた老廃物を排出しようとする動きが起きます。

腸の環境が良くなることで、一時的にお腹がゆるくなることがあります。

便秘

酵素系のサプリメントの成分次第では、好転反応で便秘になることもあります。

便秘になるのには体内の水分不足が原因です。

酵素サプリメントの効果で代謝機能が改善すると、体は水分が必要になります。

その場合に、水分量を増やさないでいることで、体が便からも水分を吸収して便が硬くなります。

その結果、便は硬くなり便秘になります。

酵素サプリメントを取り始めたら、水分も十分に摂ることをお勧めします。

ダイエット中には一日に1.5~2Lの水を飲むことが効果的だと言われています。

肌荒れ

好転反応による肌荒れも、毒素を排出しようする体の反応になります。

通常、体内の毒素は、肝臓で処理されますが、肝臓で処理しきれない場合には、毒素を含んだままの血液が体に流れますので、皮膚はこの毒素を排出しようとして、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

こうじ酵素をのむことで活性酵素の効果で体の毒素を排出しようとする動きが活発になるために、肝臓で処理しきれなくなり、一時的に肌荒れがひどくなる場合があります。

しかし、この場合も毒素が排出されるようになれば治っていきます。

好転反応が起きたら?

酵素サプリメントを飲んでお腹がゆるくなったりするなどの好転反応が起きた場合、飲み続けても問題はありませんが、心配な方は、いったん、飲むのは止めて様子をみましょう。

そして、好転反応が収まったことを確認してから、再度飲み始めるといいでしょう。

ただ、再度飲んだときにも症状が続くようであれば、別の原因も考えられますので、使用を中止しましょう。

好転反応であった場合には、一定の時間が経てば治りますので、そのまま酵素サプリメントを持続しても大丈夫な場合も多いです。

好転反応はそこまでひどいものではなく軽いものであることが多いですので、そこまで心配はいりませんが、下痢が止まらないといった場合には使用をお控えください。

穀物アレルギーには要注意

こうじ酵素には7種類の穀物が含まれていますが、穀物アレルギーがある場合には注意が必要です。

7穀の中のどれかにアレルギーがある場合には、腹痛や湿疹などが起こる可能性もありますので、穀物アレルギーがある場合には使用を控えましょう。

好転反応の場合はいいのですが、飲むとお腹が痛くなるといった場合には、アレルギーの場合は使用を中止しましょう。

基本的には、植物由来の植物性発酵食品なので、大きな症状は出ないと思われますが、大量に服用するとお腹を下す元にもなります。

危険?こうじ酵素成分は安全?

こうじ酵素に添加物が含まれているのか確認するために、原材料をチェックしていましょう。

【原材料】
穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米)、難消化性テキストリン、還元麦芽糖水飴、酒粕発行物、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

これが、こうじ酵素の原材料となっています。では、どれが添加物といえるのでしょうか。

【添加物】難消化性デキストリン、還元麦芽糖水飴、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

これらが、こうじ酵素の添加物といえるかと思います。それぞれ、どのようなものなのか、詳しく解説していきましょう。

①難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、食物繊維の一種です。デキストリンには「デンプン」のことであり、デンプンは糖質と食物繊維でできています。難消化性というのは、消化しにくい成分のみを取り出したもの、という意味で、デンプンから食物繊維を取り出したもの、ということになるんです。

食物繊維は消化されにくいのか?と疑問に思うかもしれませんが、消化されにくいことが食物繊維の特性でありメリットです。腸まで消化されないので、腸内の便の量を増したり、腸内で発酵することで悪玉菌をやっつける効果が期待できます。

②還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴は「甘味料」というものですが、いわゆる人工甘味料ではありません。よく使われるのはシュガーレス飲料ですね。0カロリー飲料などには使われません。

【シュガーレスと0カロリーの違い】
  • シュガーレス:カロリーは低いが糖質0ではないので代謝される
  • 0カロリー:カロリー0なのに甘味を持つ物質を利用しているため代謝できず老廃物などになる

大きな違いは、体内で代謝できるかどうかという違いですね。代謝できないと、体にとって不要なものとなるので、老廃物となってしまいます。

では、何故こうじ酵素に還元麦芽糖水飴が使われているのかというと、甘さをつける為ではなく「形を整えるため」です。還元麦芽糖水飴はこうじ酵素に限らず、様々なサプリの形を整える成分として利用されて、非常にメジャーな添加物です。

作り方も、マルチトールはトウモロコシや、じゃがいも、さつまいもなどから「マルチトール」を抽出して作るので、天然由来の添加物となります。安全といってよいでしょうね。

③セルロース

セルロースは炭水化物の一種です。セルロースも還元麦芽糖水飴と同じ役割で、サプリの形を整えるために利用されます。

セルロースの作り方はいろいろあるのですが、トウモロコシやサツマイモなどを原材料にしている場合や、海藻類を原材料にしている場合もあります。いずれにしろ、天然素材なので、安心して摂取できるかと思います。

④ステアリン酸Ca

ステアリン酸Caは乳化剤という役割の物質です。本来は混ざりにくいものを、無理やり混ぜ合わせるために利用される物質です。

ステアリン酸Caは医療用添加物として非常に長い間使われてきたものです。医療用に何故使われてきたかといえば、薬の調剤に必要だからですね。薬にも利用されていますし、同様に多くのサプリにも利用されているので、安心して飲んでよいかと思います。

⑤微粒酸化ケイ素

微粒酸化ケイ素は乾燥防止剤として使われています。特に毒性のある物質である、とは言われていないのですが、これまでの添加物と違い、天然素材であったり、サプリに必須で必要なもの、というわけではありません。

原材料表示で最も最後尾に来ているので、含まれている量は極少量ですが、気持ち悪いと思う方もいるかもしれませんね。

まとめ







よく読まれている記事

-こうじ酵素, ダイエット・健康, 酵素・ダイエット・HMBサプリ

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.