ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

レイチェルワイン

レイチェルワインファンデーションに下地は必要?

投稿日:9月 10, 2018 更新日:



日本最大の口コミサイト『@コスメ』にて、パウダーファンデーション部門第1位に輝いた功績を誇るレイチェルワインのミネラルファンデーション。

高評価の口コミの多さや使用感の良さが話題を呼び、多くの女性から人気を集めています。

@コスメには「ミネラルファンデーションなのにカバー力が高い・崩れにくい」といった口コミが多数寄せられています。

 

そんなミネラルファンデーションですが、どのメーカーでも共通しているのが”化粧下地不要”の表記です。

果たして、本当に下地は不要なのでしょうか?

また、レイチェルワインのファンデーションは本当に下地は必要ないのでしょうか?

 

今回は、そんな下地に関する疑問を解消していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

レイチェルワインのファンデーションに下地は必要ないの?

レイチェルワインファンデーションは基本的に下地は要らないようです。

レイチェルワインはカバー力が高めのファンデーションですので、下地がなくても綺麗にベースメイクを仕上げることができます。

ただし、中には下地を使用した方が良いという方もいらっしゃいます。

どんな目的で下地を使用するのか、実際の口コミを見ていきましょう。

 

実際の口コミ

初めてミネラルファンデーションを購入したとき、下地が不要だと知らずに下地を使ってメイクをしていたことがあります。

その結果、下地を塗った箇所にファンデーションが固まってしまい、伸びずにムラになってしまいました。

せっかくのブラシが水分・油分を含んだことでカピカピになってしまったのを今でも覚えています()

その教訓を活かして、次からは乾いた肌にそのまま付けるようにすると、面白いくらい伸びが良くて、簡単にベースメイクが完成しました。

薄付きなので何度も重ね付けをする必要はありますが、白浮きせずに肌に馴染みました。

頬にあるシミも自然にカバーできて嬉しいです。

私個人の意見ですが、レイチェルワインは乾いた肌の方が色が均等にキレイに広がるので、下地はいらないと思います。

ただし、下地の種類によっては下地を使った方がよりキレイに仕上がるのかな?とも思います。

液状だとレイチェルワインとの相性が悪いので、ノンケミカルのパウダータイプ、もしくはプレストタイプのものがオススメです。

 

そもそも化粧下地の役割って?

下地とファンデーションを使い分けていても、それぞれどういった役割があるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、下地には紫外線やホコリなどの外部の刺激から肌を守ってくれる役割があります。

そして、ファンデーションは肌表面を綺麗に見せてくれる役割を担っています。

それぞれの役割を理解しないままファンデーションを直接塗り続けると、肌の劣化やシミなどのダメージが大きくなってしまう可能性があります。

ダメージを軽減するためにも、下地は使うようにしましょう。

 

ミネラルファンデーションに下地が要らないワケとは?

ファンデーションを塗る前には下地が必要だと言われていますが、下地が必要な理由として下記の点が挙げられます。

  • ファンデーションの密着度を高める
  • 紫外線や乾燥から肌を守る
  • ファンデーションの添加物が毛穴に詰まるのを防ぐ
  • ファンデーションを落としやすくする

これらの役割を果たすために下地が必要なのです。

しかし、これらの役割は基本的にほとんどのミネラルファンデーションに備わっています。

そのため、下地を不要としているメーカーが多いのです。

 

また、多くのミネラルファンデーションは、クレンジングが不要なほど肌に優しく作られています。

しかし、下地を使用すると必然的にクレンジングが必要になってしまい、ミネラルファンデーションのメリットを感じることができなくなってしまいます。

 

ちなみに、パウダータイプのミネラルファンデーションは、ミネラル粒子が紫外線を反射します。

紫外線を反射して日焼けを防止してくれることから、日焼け止めも不要だと言われています。

 

ミネラルファンデーションに下地が必要になる場合とは?

肌色の補正を求める

赤みや黄みなどが強い人は、できるだけ標準な肌色に近づけたいと思うはずです。
しかし、ファンデーションだけでは元の肌の色をカバーすることは困難です。

そのため、肌の色を補正したり色ムラをカバーしたい場合には下地を使いましょう。

 

UVカット効果を高めたいとき

レイチェルワインのミネラルファンデーションは、普段使いとしてのUVカット効果は十分です。

日常生活においては日焼け止めを塗る必要はないと思います。


一方で、アトピーや敏感肌の方は紫外線の影響を受けやすため注意が必要です。

ミネラルファンデーションで日焼け止めを防ぐことはできますが、万が一、日焼けをしてしまうと思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。

絶対に日焼けをしないためにも、UVカット機能付きの下地を使用しましょう。

SPFPAの値の高い下地を使用することで、肌トラブルのリスクを下げることができます。

デリケートなお肌の方は、紫外線が原因で赤みを帯びたり湿疹ができたりするケースが多いため、特に気をつけましょう。

 

仕上がりと持ちを良くする

脂性肌の人は、ファンデーションだけでは皮脂を十分に吸収できないことがあります。

余計な皮脂がテカリの原因となったり、ファンデーションが崩れやすくなることも珍しくありません。

そのため、テカリや皮脂崩れの防止を目的として、下地を積極的に使用している方もいることでしょ

う。


仕上がりとファンデーションの持ちを良くするには、化粧下地は必要不可欠とも言えます。

ファンデーションだけではすぐに崩れてしまうという方は、化粧下地を使用することをおすすめします。

 

下地を使いたい場合は?悩み別おすすめの下地と使い方

下地を使いたいと考えている人のほとんどは、ファンデーションだけではカバーしきれない肌トラブルなどの悩みを抱えているはずです。

また、下記のような肌トラブルを解消したい思っている人も多いのではないでしょうか?

 

  • 毛穴の開き
  • シミ
  • くすみ

そこで、ここでは肌トラブルの悩み別に、おすすめの下地と使い方をご紹介していきます。

 

シミ、ニキビ跡の悩み

濃い色を隠すにはコンシーラーが便利です。

隠したい部分に小さめのブラシでポンポンと重ね付けするだけで、キレイにカバーすることができます。

また、コンシーラーは自分の肌よりも少し暗めの色を選ぶのがポイントです。

暗めの色でカバーすることによって、色素沈着やニキビ、シミが目立ちにくくなります。

ミネラルファンデーションの前に使いましょう。

 

毛穴の悩み

毛穴の悩みには『シルク(絹)パウダー』がおすすめです。

シルクパウダーは、過剰な皮脂を吸収して肌を保湿してくれる優秀なパウダーです。

肌の凸凹を隠し、光の加減で毛穴をカバーすることができます。

ミネラルファンデーションの前に使うことで、肌の水分と油分のバランスが整って肌がしっかりと潤います。

フェースパウダーとしても使用できますので、好みに合わせて使い分けてください。

 

肌のくすみの悩み

肌のくすみはコントロールカラーでカバーしましょう。

コントロールカラーは、悩み別にカラーを使い分けることが大切です。

カラー別に特徴を解説していきます。

 

ラベンダー

顔色を華やかに見せてくすみをパッと消してくれます。

 

イエロー

色素沈着やくすみ、ほうれい線に効果的です。

 

オレンジ

目の下のクマなどの茶ぐすみをカバーしてくれます。

 

カラーによってカバーできる箇所が異なりますので、自分の肌の悩みに合わせて選びましょう。

複数のカラーを用意しておくと、肌の悩みに合わせて使い分けることができますよ。

 

なお、コントロールカラーはミネラルファンデーションの前に付けます。

カバー力をアップさせたい場合は、ファンデーション→コントロールカラー→ファンデーションの順に重ね付けをするのがおすすめです。

 

せっかく肌に優しいミネラルファンデーションを使っていますので、下地も成分にこだわって選んでみてください。

下地を選ぶ際には、ミネラルファンデーションと相性の良いパウダータイプを選びましょう。

 

相性の良い下地とは?ミネラルファンデーション開発会社のレイチェルワインに実際に聞いてみた!

一口に下地と言っても、その種類は膨大で計り知れません。

「自分で選びたくても種類が多すぎて決められない・・・」という人も多いと思います。

そこで、レイチェルワインと相性の良い下地について、実際に問い合わせてみました。

 

Q:レイチェルワインのファンデーションを使う際、下地はどのようなものがおすすめですか。

A:担当者によると、下地は基本的に不要ですがもし使うのであれば、できるだけオイルやケミカルの入っていない、または少ないものを選んでいただきたいとのことでした。

 

下地代わりになる『レイチェルワイン アクセントフェースパウダー』

レイチェルワインからは、『アクセントフェースパウダー』というミネラルファンデーション専用下地が販売されています。

皮脂を吸着して崩れにくくする効果がありますので、脂性肌の人や皮脂の分泌が多くテカリが気になる方におすすめです。

 

余分な皮脂を抑え、朝つけたメイクを1日中キープ

化粧崩れが気になる部位として悩んでいる人が圧倒的に多いのがTゾーンです。

Tゾーンは顔全体の中でも毛穴の数が多く、皮脂の分泌が激しい箇所でもあります。

特に夏場などの汗をかく時期にはメイクが崩れやすく、化粧直しが大変です。


そこで、レイチェルワインのアクセントフェースパウダーの出番です!

ファンデーションの後にTゾーンやテカリが気になる箇所に軽く広げるだけで、余分な皮脂を吸着してくれます。

サラサラした状態が長時間続きますので、化粧崩れも気になりません。

 

品のあるツヤ感で、上質なヴェールをまとったような透明感のある肌へ

レイチェルワインのミネラルファンデーションは、ミネラル成分特有の不自然なテカリがありません。

そのため、少しツヤ感が足りないと感じる方もいます。

そんな方にもアクセントフェースパウダーはおすすめです。

化粧崩れを防いでくれるだけではなく、好みに合わせてツヤ感をプラスすることができます。
顔全体にサッと広げることで、パッと明るく透明感のあるキレイな肌に仕上がります。

優しいツヤ感で肌をキレイに見せてくれますので、ハイライトとしてもおすすめですよ。

 

まとめ

レイチェルワインのミネラルファンデーションは、基本的に下地は必要ありません。

ただし、肌が敏感な人やアトピーの人は、紫外線による日焼けをしっかりと防ぐためにも下地を使用した方が良いでしょう。

また、肌色の補正やニキビや色素沈着などの肌トラブルなどのカバーを求める人は、コントロールカラーやコンシーラーなどを併用することをおすすめします。

自分の肌の状態に合わせて下地を選びましょう。

下地とミネラルファンデーションの相性も大切ですので、色々な組み合わせを試してみると良いかもしれません。

ぜひ一度、レイチェルワインのミネラルファンデーションの優しい使い心地を体感してみてください。







よく読まれている記事

-レイチェルワイン

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.