ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

リルジュリカバリィエッセンス

リルジュリカバリィエッセンスは妊娠中・授乳中でも使える?添加物は大丈夫?

更新日:



 

  • 毛穴の開き・たるみ
  • 目元の小じわ・ほうれい線・ゴルゴライン
  • くすみ
  • ハリ不足

 

女性は年齢にかかわらず、色んなお肌の悩みを抱えています。

なんとかしたい!と様々な化粧品を試している人も多いのではないでしょうか。

ダメージ特に妊娠や授乳の時期はホルモンバランスが乱れて、肌荒れや乾燥など、いつもと違うコンディションに戸惑うことも多いでしょう。

そんな不安定なお肌のケアにオススメなのが、

 

「リルジュリカバリィエッセンス」。

 

肌本来の

 

「生み出す力」

 

に着目したスキンケアです。

 

「生み出す力」

 

なんてキャッチフレーズ、とても魅力的なんですが、妊娠・授乳中はどうしても赤ちゃんのことが最優先。

新しい化粧品に挑戦してもいいものか、考えてしまいますよね。

そこで今回は、

 

「リルジュリカバリィエッセンスは妊娠中・授乳中でも使えるのか」

「添加物の影響はないのか」

 

についてご説明しましょう。

 

妊娠・授乳中にリルジュリカバリィエッセンスを使ってもいいの?

結論から言うと、リルジュリカバリィエッセンスは危険な成分は使われていないので、妊娠・授乳中の人でも安心して使うことができます。

ただ、妊娠・授乳中はホルモンバランスが不安定なので、それまで使っていたものが合わなくなることも。

どんな影響が出るかは人それぞれですので、心配な人は医師に相談するか、パッチテストをしてから使用してくださいね。

 

成分の安全性は?添加物は使用しているの?

 

水、ペンチレングリコール、グリセリン、ヒトオリゴペプチド-1(EGF)、ヒトオリゴペプチド-13(FGF)、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)、オリゴペプチド-24(EDP3)、アセチルデカペプチド-3(Rejuline)、オリゴペプチド-20(IDP5)、レシチン、水添レシチン、ダイズ油、コレステロール、クエン酸Na、フェノキシエタノール

全成分のうち、

 

  • ペンチレングリコール
  • フェノキシエタノール

 

この2つは防腐剤です。

妊娠・授乳中は肌がデリケートになる時期なので、安全性が気になりますね。

ペンチレングリコールは安全?

ペンチレングリコールは、皮膚刺激性や毒性はないとされていて、アレルギーの報告もほぼありません。

基本的には、肌質を問わず使える、安全性の高い成分です。

 

しかし、やはり個人差もあるので、100%誰にでも安全とは言いきれません。

ごくまれに、アトピー性皮膚炎の方や敏感肌の方は、赤みや肌荒れが起こったり、接触性皮膚炎を引き起こす可能性もあるので、あらかじめパッチテストをした方が安心ですね。

 

フェノキシエタノールは安全?

フェノキシエタノールは防腐効果は高いものの、本来、肌や体に良い成分ではありません。

健康を害することは少ないと報告されていますが、肌への負担やお腹の赤ちゃんのためを考えると、妊娠・授乳中はできれば避けたい成分だと思います。

ただ、フェノキシエタノールにもちゃんと大切な役割があります。

配合量を調整していうまく使えば、化粧品の付加価値を高めてくれる成分なんです。

 

最近、消費者のニーズの高まりから、敏感肌用の化粧品を研究する会社が増えました。

肌に優しい化粧品を目指す際、重要なポイントは、

 

「いかに化粧品の劣化を防ぐか」。

 

肌への負担を考えると防腐剤はできれば避けたいけれど、安全な品質を保つのも必要です。

使い切るまでにカビが発生したり、腐敗したりなんて困りますものね。

防腐剤はそのために配合されています。

 

『 本音は、「防腐剤」なんて使いたくありません。肌への負担はできるだけ減らしたいですからね。でも、化粧品に使用している「精製水」は塩素を含まないので、水道水よりも日持ちしないんです。特に夏場は細菌の繁殖が心配。肌への優しさを保ちながら安全性も確保する、ギリギリのバランスを考えて必要最低限の防腐剤を配合しています。 』

 

これは、ある化粧品会社の社長さんからお聞きしたお話です。

フェノキシエタノールはもともと自然界にも存在する成分で、比較的安全とされています。

防腐剤としてよく使用される

 

「パラベン」

 

より毒性ははるかに弱いと言われていますが、少量でも殺菌力がとても強いので、全分量の1%以内という配合量の制限が設けられています。

注意したいこととして、蒸発したフェノキシエタノールを吸い込むと、のどに悪影響を与える可能性があることです。

100%安全ではないことは意識しておいてくださいね。

ほかの防腐剤より危険性は低く、

 

「妊娠中は絶対禁止」

 

というほどではないにしろ、できれば避けたい成分と言えるでしょう。

 

敏感肌やアトピー性皮膚炎の人への影響は?

敏感肌やアトピー肌の人は肌質に合わせて化粧品を選びますから、使用されている成分には細心の注意を払いますよね。

無香料、無着色、パラベンフリー、無鉱物油などは必ずチェックします。

敏感肌やアトピー肌は、肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下している状態です。

香料や着色料、パラベン、防腐剤や鉱物油は、人工的に作ったものなので、どうしても肌に負担をかけてしまいます。

でもリルジュリカバリィエッセンスには、これらの添加物は一切使用していません。

メインとなるのはグロースファクター(EFG・FGF・IGF)です。

 

  • EFG-表皮細胞増殖因子
  • FGF-線維芽細胞増殖因子
  • IGF-インシュリン様増殖因子

 

細胞を増やす成分を使用していますので、今までの補うだけのケアから、生み出すケアが可能になりました。

グロースファクターをRejuline・EDP・IDPという種類のオリゴペプチドがサポートします。

敏感肌やアトピー肌の人は、肌が乾燥しやすく、肌のキメが乱れてバリア機能が低下しているので、表面に潤いを与えてもすぐに蒸発してしまいます。

肌が水分を保てないので常に乾燥状態なのです。

リルジュリカバリィエッセンスをスキンケアに取り入れることで、肌の深部を整え

 

「生み出す力」

 

がアップし、今まで叶わなかった潤いが生まれ、乾燥肌の改善に繋がるのです。

 

「生み出す力」でお肌悩みを改善

お肌が乾燥するとバリア機能が衰え、ちょっとした刺激にも敏感になります。

また、妊娠・出産後には、ホルモンバランスの乱れや育児疲れから

 

『潤いを自ら作り出す力』

 

 

『潤いをお肌に保つ力』

 

が低下しやすいから。

さらに

 

『ターンオーバー』

 

が乱れると、正常なお肌の生まれ変わりができず、シミ・シワなど年齢を感じる肌悩みを引き起こします。

こうなると、

 

『老け顔』

 

へまっしぐら。

育児がひと段落して改めて自分の顔を見たとき

 

「こんなはずじゃ…」

 

とならないように、早め早めにスキンケアをして、美肌をキープしましょう!

 

しっかり保湿、仕上げはクリーム

出産後、多くの女性が悩まされるのが、乾燥によるかゆみ。

特におなか周りや腰、ふとももなどが乾燥することが多いようですが、ひどい場合は粉が吹いたようになって、眠れないくらい強いかゆみが出るケースもあります。

対策として大切なのは、なんといっても保湿が肝心です!

しっかり保湿すると、かゆみが収まることも多いので、たっぷりの化粧水やクリームを塗りましょう。

 

特に入浴後は肌の水分も蒸発しやすいので、念入りにクリームを。

クリームは、赤ちゃんのことも考えて、刺激の少ないものを選びましょう。育児中は抱っこや授乳などで赤ちゃんの肌に触れることも多いものです。気兼ねなく使えるものがいいですね。

赤ちゃん用の保湿クリームを一緒に使えば安心ですし、妊娠中に使っていたのが残っているなら、それを使ってもOKです。

とにかくお肌を乾燥から守りましょう!

普段から化粧水や保湿クリームを塗ってお肌の潤いをキープ!

 

食事のバランスを見直し・水分をたっぷり

産後は出産・授乳などでエネルギーを使ってしまい、栄養が不足しがちになっています。

食事のバランスに注意して、栄養をしっかり補給しましょう。

出産後は育児で忙しく、自分自身のことは後回しになって、ついつい食事を手抜きしたり食べなかったりしがちです。

でも栄養の摂取は美肌づくりのためだけでなく健康維持にも大切です。

 

また、こまめな水分補給も忘れずに。

美肌の大敵、便秘は、水分をしっかりと補給することでかなり改善できます。

体内に溜まった老廃物をきちんとデトックスすると、美しい肌に近づきますよ。

水分をしっかり摂り、腸内環境をよくする食品も意識して摂れば、劇的にお通じが良くなります。

栄養補給水分補給で、健康と美肌をゲット!

 

充分な睡眠をとる

出産後、ママは育児に一生懸命で、慢性的な睡眠不足の状栄養態ですよね。

愛するベビーのためには仕方ないことですが、睡眠不足もお肌の大敵。

がんばり屋のママほど、

 

「赤ちゃんが寝た!今のうちに、溜まった家事をを!」

 

と考えがちですが、ちょっと考え方を変えて、ゆっくり休んでみてください。

たまには家事を手抜きしたって大丈夫。

赤ちゃんと一緒にお昼寝して、体を休めるのも必要ですよ。

お肌が作られるのは睡眠している時間です。

旦那様にも協力してもらい、なるべく睡眠できる時間をとるようにしましょう!

 

紫外線を避ける

育児で忙しくしているとついつい忘れがちですが、実は大切なのが

 

『紫外線を避ける』

 

こと。

紫外線は、知らず知らずのうちに肌にダメージを与えてシミやシワの原因となります。

UVカットのクリームなどを活用して、紫外線対策を強化しましょう。

シミができると紫外線対策が重要だと気づきますが、見逃しがちなのが、紫外線により発生する活性酸素の影響です。活性酸素は肌細胞を傷つけ、シミやシワのもとになります。

引用元:全薬工業株式会社

出産後のお肌はデリケートで、紫外線の刺激にも敏感に反応します。

室内でも紫外線対策ができれば理想ですが、育児で忙しいと、なかなかそこまで手が回らないという人が多いですね。せめて外出時だけでも、紫外線対策をして、無防備な状態で紫外線に当たってしまわないように注意しましょう。

 

出産後のお肌はデリケートで、紫外線にも敏感。UVカットクリームなどで、しっかり紫外線対策を!

シミやシワなど肌の老化を引き起こすダメージをカットしましょう!

 

亜鉛やビタミンを積極的に摂る

美肌のために忘れてはいけないのが、亜鉛ビタミン類

積極的に摂取しましょう。

亜鉛はお肌の新陳代謝に欠かせないミネラルですし、ビタミン類は活性酸素の働きを抑え、お肌の潤いを保ってくれます。

特に重要なビタミは次の4つ

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ビタミン類はお肌の調子を整えてくれる重要な栄養素です。

バランスのいい食事を心がけ、積極的に摂るようにしたいですね。

ミネラル・ビタミンは美肌に欠かせない栄養素。

特に亜鉛・ビタミン類を積極的に!

 

お肌に優しさを

出産後のママのお肌はとてもデリケート

ちょっとした摩擦や、化粧品の刺激でもダメ―ジを受けることがあります。

出産前にはなんともなかった化粧品が、出産後には合わなくなって肌トラブルの原因になることも…。

 

そんな時期に摩擦や無理なメイク品などによる刺激が積み重なると、シミや黒ずみを引き起こすこともあります。

出産後しばらくは、お肌に負担だな、と思ったら、無理してまでお化粧をする必要はありませんよ。

強い化粧品や、摩擦による刺激に注意!

負担になることはできるだけ避けて。

 

うまくストレス発散を!

適度にストレスを解消することはもちろん必要ですが、それ以前にストレスをためないことも大切。

ストレスは抵抗力の低下につながり、肌トラブルの原因になります。

できるだけストレスフリーな生活を心がけたいですね。

 

肌の調子が悪いと気分的にも凹んでしまって、さらに新しいストレスを招く…なんて悪循環に陥ることも。

人生は長いのですから、一時的にホルモンバランスが崩れる時期もあると気楽に考えて乗りきりましょう。

育児も何もかも一人で背負いこまず、周りの人の手を借りたり、たまには手抜きをしてお出かけするなどもいいですね。適度に気分転換しながら、心のゆとりを大切に。

家事や育児は周りに協力してもらってOK!

一人ですべて完璧に、なんて考えないで、ストレスを溜めない努力を!

 

まとめ

今回は、妊娠・授乳中にはリルジュリカバリィエッセンスを使ってもいいのか、についてご説明しました。

品質を保つために配合されているペンチレングリコールやフェノキシエタノールは、保存剤ではありますが危険性は低く、ほかのグロースファクターも問題ないとわかりました。

どうしても心配なら、使用前に医師に相談してくださいね。

 

いつでも若々しくキレイでいたいと思うのは女性共通の願いです。

しっかり情報を集め、栄養補給やストレス軽減など自分でできることをしながら、リルジュリカバリィエッセンスも上手に使って、キレイなお肌をキープしてくださいね!







よく読まれている記事

-リルジュリカバリィエッセンス

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.