ダイエット、美容、芸能情報などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ムーモ除毛クリーム

ムーモ除毛クリーム妊娠中・授乳中でも使っても大丈夫?

更新日:



可愛い人やキレイな人の共通点のひとつとして挙げられるのが『肌のキレイさ』です。

透き通るような素肌に憧れを抱いたことがある女性も多いのではないでしょうか?

そんな女性たちの間で今話題を集めているのが、全身に使用できる強力除毛クリーム『Moomo(ムーモ)』です。

インスタグラムやツイッター、フェースブックなどのSNSでも紹介する人が後を絶たず、注目を浴びています。

 

「塗るだけで簡単につるつるの素肌になる!」と口コミで人気に火が付き、現在は品薄状態が続いています。

 

そんなMoomo(ムーモ)は、妊娠中の脱毛方法に悩んでいる女性からも支持を得ています。

クリニックやサロンで脱毛を受けている人は、妊娠中の施術に対して少なからず不安を抱いているはずです。

また、脱毛サロンに限らず、家庭用脱毛器や脱毛クリーム、電動脱毛器を妊娠中に使用して良いのかどうか気になるという人もいるでしょう。

 

お腹の赤ちゃんへの影響はもちろん、脱毛サロンの月額コースに登録している人からは、脱毛の休止やコース料金の残額に悩んでいるという声が寄せられています。

 

そこで今回は、除毛クリーム『Moomo(ムーモ)』は妊娠中や授乳中に使用できるのかどうかについて解説していきます。

購入を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

 

Moomo(ムーモ)は妊娠中や授乳中は使えない?

Moomo(ムーモ)には、肌に優しい美容成分がたっぷり含まれています。

副作用の心配はほとんどありませんが、妊娠中~出産後の時期や病中病後、月経の前後の時期は使用を控えましょう。

というのも、妊娠中や授乳中の母体は、ホルモンバランスが不安定になりがちです。

肌への僅かな刺激が、思わぬ肌トラブルを招いてしまう可能性があるのです。

 

また、Moomo(ムーモ)には“大豆イソフラボン”が含まれています。

大豆イソフラボン自体は体に良い成分なのですが、体内に吸収されるとホルモンバランスに影響を与えます。

そのため、妊娠中・授乳中の使用はおすすめできません。

妊娠中・授乳中だけでなく、ホルモンバランスの乱れやすい生理前や生理中も、できるだけ使用を控えましょう。

 

妊娠中のムダ毛処理には電気シェーバーがおすすめ

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいため、体毛の色が濃くなることがあります。

露出を控えようと思っても、夏場などの暑さが厳しい時期は難しいですよね。

また、妊婦健診やマタニティフォトのときなどに、足やお腹のムダ毛があるのは恥ずかしいものです。

「脱毛サロンには行けないけれどどうにかしたい・・・」と悩んでいる人もいることでしょう。

そんなときには、電気シェーバーを使ったムダ毛処理がおすすめです。

 

ここからは、妊娠と体毛の関係や、電気シェーバーのメリットについて詳しく解説していきます。

 

妊娠すると体毛の色が濃くなることがある

妊娠中は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの影響で体毛の色が黒く濃くなることがあります。

妊婦健診でのエコー検査や、マタニティフォトを撮る際のムダ毛に悩む人も多くいます。

しかし、妊娠中の脱毛は心身ともに負担が大きいため、妊娠中に脱毛サロンでのムダ毛処理を行うことはおすすめできません。

 

妊娠中・授乳中のムダ毛は電気シェーバーで処理

妊婦健診でのエコー検査やマタニティフォトの撮影前など、妊娠中にムダ毛を処理したいときは、女性用の電気シェーバーがおすすめです。

女性用の電気シェーバーは肌荒れのリスクが比較的少なく、痛みもないため安心してムダ毛処理ができます。

クリニックでも推奨されている処理方法です。

 

毛抜きや除毛クリームはどうなの?

妊娠中・授乳中は肌が敏感になっているため、毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどの肌に刺激を与える脱毛方法は避けるようにしましょう。

敏感になっている肌に刺激を与えると、肌荒れや炎症を起こす可能性があります。

妊娠中や授乳中に炎症が起こってしまうと、治療が制限されてかえって肌トラブルが増加してしまう危険性もありますので注意してください。

 

妊娠中・授乳中の脱毛は心身ともに負担が大きい

妊娠中に脱毛をした場合、痛みから体調不良や流産、陣痛を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、脱毛サロンやクリニックでは妊娠中の脱毛を断る店舗が多いです。

また、妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響を懸念して、肌トラブルに対する薬が処方されないこともあります。

 

妊娠中・授乳中に脱毛をするデメリットってあるの?

妊娠中の脱毛は体調不良や陣痛・流産を誘発する危険あり

妊娠中の脱毛は母体への負担が大きく、危険が伴います。

そのため、脱毛サロンに限らず医療機関であるクリニックでさえも断るところが多いのです。

 

妊娠中の脱毛で起こりうる危険

妊娠中の脱毛は、下記のようなリスクを伴います。

 

  • 施術中に起こる突然の体調不良
  • 陣痛、流産の誘発
  • 子宮の収縮

特に体調が変化しやすくつわりが起きやすい妊娠初期は、予測不能な体調不良が起こることもあります。

妊娠初期でなくても、脱毛の刺激や痛みで身体が反応したり、施術のストレスによって体調不良が起こる可能性もあります。

 

さらに、脱毛の痛みでいきんでしまったことで陣痛や流産を誘発したり、子宮が収縮する可能性もゼロではありません。

妊娠中はクリニックやサロンだけでなく、毛抜きや除毛クリームなどのセルフケアでの脱毛も避けましょう。

 

妊娠・授乳中の肌は荒れやすく脱毛に不向き

妊娠中や授乳中はホルモンバランスが大きく変化しやすく、肌も大きな影響を受けます。

 

肌が影響を受けやすいトラブルは以下の通りです。

 

  • メラニン細胞が活性化され、身体のあちこちにシミやそばかす、黒ずみができやすくなる
  • 汗をかきやすくなるため、かゆみが出たり湿疹ができやすくなる
  • 乾燥が原因で敏感肌になったりニキビや吹き出物ができる
  • Iライン周辺の肌が充血したり黒ずんだりする

 

肌が乾燥していたりシミや黒ずみができている状態で脱毛をすると、肌トラブルの原因となってしまいます。

肌の状態が不安定な妊娠中や授乳中の脱毛は避けましょう。

 

また、産後はシミやくすみ、ニキビ、乾燥などの肌トラブルが起きやすい時期でもあります。

ホルモンバランスの変化だけでなく、慣れない育児や睡眠不足などのストレスから肌トラブルが起こってしまうことも珍しくありません。

肌トラブルを防ぐためにも、脱毛は肌の状態が落ち着いてから行いましょう。

 

なお、シミや黒ずみは出産から数ヶ月経過するとで自然に消えることが多いです。

ただし、妊娠中や授乳中は専用の保湿クリームやベビー用の日焼け止めを使って、しっかりと乾燥や紫外線対策を行ってください。

脱毛を再開するときのためにも肌のケアは大切です。

 

乾燥・紫外線と脱毛の関係については『脱毛の時期は秋冬がおすすめ!その気になる理由とは』で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ見てみてくださいね。

 

妊娠中・授乳中は使用できる薬が制限される

万が一、妊娠中や授乳中に脱毛で炎症や体調不良が起こってしまった場合、赤ちゃんに悪影響を与えないよう、治療が制限されてしまうことがあります。

そのため、妊娠中・授乳中には効果が強い薬での治療はできません。

たとえ効果が弱い薬であったとしても、長期間の使用で副作用を起こす可能性も考えられますので、治療自体ができないこともあります。

肌をキレイにするための脱毛で、肌が荒れて治療もできなければ本末転倒です。

やはり、妊娠中の脱毛は避けるべきだと言えます。

 

つわりがなければレーザーの機械や光脱毛を受けても大丈夫?

レーザーや光脱毛は比較的新しい施術方法です。

しかし、最新の技術とは言え、胎児に影響がないという保証はありません。

何かしらの悪影響が出てしまってからでは遅いですし、妊娠中は突然体調が変化することもあります。

つわりがない場合でも、妊娠中の光脱毛は控えましょう。

 

脱毛の再開は授乳終了後、生理が順調にきたときを目安にしよう

脱毛は、ホルモンバランスが安定し、肌の状態が良くなってから再開しましょう。

下記の項目を目安に判断するとわかりやすいと思います。

 

  • 授乳が終わっていること
  • 生理が安定してきていること

 

授乳中でも施術可能なサロンやクリニックはありますし、セルフケアであれば、どのタイミングでも始めることができます。

しかし、授乳中の脱毛は肌トラブルへの治療が制限されるため、避けたほうが無難です。

 

授乳が終わり、安定して生理がくるようになった頃が再開するのに最もおすすめな時期となります。

生理の周期が安定するということは、同時にホルモンバランスが安定したと考えることができるからです。

 

女性ホルモンと脱毛の関係については『脱毛するなら生理後の1週間がベスト!生理前は痛みも強い』で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

 

妊娠が分かったら授乳が終わるまで脱毛はお休みしよう

妊娠が分かったら、脱毛サロンやクリニックの利用を休止して脱毛はお休みしましょう。

コース料金や予約については直接サロンやクリニックに電話をして問い合わせおくと安心です。

また、授乳中も肌が乾燥しやすく荒れやすい時期です。

これから妊娠を考えていて脱毛を始めたい人は、妊娠・授乳期間中に休会できるサロンやクリニックを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

妊娠中や授乳中は脱毛は極力控えましょう。

赤ちゃんがすくすくと成長するのが最優先です。

どうしても脱毛したいという人は、肌への負担が少なく赤ちゃんに影響を与えづらい電気シェーバーを使用しましょう。

また、脱毛後は保湿をしっかりと行い、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

自分と赤ちゃんの健康を第一に考えて行動してくださいね。



>>MOOMOの最安値公式サイトはこちら!

★最安値購入はコチラから!★








よく読まれている記事

-ムーモ除毛クリーム

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.