ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ホスピピュア

ホスピピュア妊娠中・授乳中でも使える?

投稿日:9月 10, 2018 更新日:



女性にとって人生の一大イベントである妊娠。

日を追うごとにお腹が膨らんでいくのを感じるのは、何よりも幸せなことですよね。

反面、女性の体に歓迎されない変化が起こり、嬉しくない事態も発生します。

その一つが、乳首やわきの黒ずみです。

出産して元に戻るのでしょうか。

授乳期間も乳首が黒いままだと、もう戻らないのではないかと思えてきますよね。

乳首をピンク色にすると評判のホスピピュアに頼りたいところですが、妊娠中・授乳中に使用しても構わないのでしょうか。

そこでここでは、ホスピピュアを妊娠中、授乳中に使ってもよいのかどうか調べてみました。

 

ホスピピュアとは

まずはホスピピュアの特徴についてご紹介します。

ホスピピュアとは黒ずみケアのクリームです。

乳首の黒ずみ、脇、デリケートゾーンの黒ずみなど、気になるところに使用すると綺麗な肌色へと導いてくれます。

 

湘南美容クリニック監修

実は、あの湘南美容クリニックが監修しているのです。

湘南美容クリニックには90人の皮膚の専門家が在籍しています。

その湘南美容クリニックのノウハウを生かして、ホスピピュアのメーカーが共同でホスピピュアを開発したのです。

皮膚の専門家の監修商品であれば、安心できますよね。

 

2016年度モンドセレクション金賞受賞

モンドセレクションには製品が世界各地から寄せられます。

それを70名の専門家が試験やテイスティングを行って評価するのですが、このホスピピュアは2016年度のモンドセレクションで金賞を受賞しています。

世界的規模で品質の高さが認められました。

 

天然由来成分へのこだわり

ホスピピュアのこだわり、それは天然由来の成分を使っているということです。

お肌に優しいので、たとえ敏感肌であったとしても使用できる人が多いのです。

また、未成年でも使用できますよ。

ただ、お肌には個人差がありますので、どうしても肌に合わないようであれば、絶対無理に使用し続けることのないよう、すぐに使用を中止してくださいね。

その場合は専門医の診察を受けてください。

とは言え、ホスピピュアは5つの無添加処方で作られています。

パラベンフリー・香料フリー・着色剤フリー・アルコールフリー・シリコンフリーですので、安心度は高いと思います。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニン色素生成誘導因子を抑制するとして注目されている成分です。

 

プリンセスケア

プリンセスケアとは光老化の原因を活性させないよう抑制しています。

また、皮膚を保護することで光老化を防ぐという効果もあります。

 

シーブレストホワイト(海藻エキス)

乳首のかゆみは乾燥のせいかもしれません。

このシーブレストホワイトという成分には乾燥から守ってくれる働きがあります。

優れた吸水性で、肌をなめらかに保ってくれる成分です。

 

ルナホワイト(メマツヨイグサ抽出液)

近年、ポリフェノールの美容への効果が注目されていますね。

ポリフェノールには抗酸化力があるので、身体を老化へと誘ってしまう活性酸素を追い出す効果があるのです。

ルナホワイトにはそのポリフェノールが豊富なのです。

 

オリーヴスクワラン

肌につやを与える効果のあるオリーブスクワラン、皮膚膜の代わりに肌につやを与えてくれます。

 

シアバター

保湿成分としておなじみのシアバター、肌の保護もしてくれます。

 

濃グリセリン

保湿性が非常に高いので、使用後の肌がしっとりします。

 

ホスピピュアは妊娠中は使えるの?

気になることは直接聞いてみることに限る!

というわけで、ホスピピュアを妊娠中に使っていいかどうか、電話で聞いてみることにしました。

気になる結果は…ホスピピュアは妊娠中でも使えますよ!

ただ、注意点もあります。

まず、肌が敏感になっているので、合わない可能性もあるかな、ということ。

そして、乳首をマッサージして刺激すると子宮が刺激されることになるので、お腹が張りやすくなる可能性もあるかな、ということ。

あくまでも私の見解ですが…。

成分自体は妊娠中に使っても全く問題がないとお墨付きをもらったので、妊娠中の乳首の黒ずみが気になる人には朗報ですね。

必ず肌に合うかどうかをチェックして、合わない場合は無理に使うことのないようにだけ気を付けてくださいね。

 

ホスピピュアは授乳中にも使えるの?

こちらも同じく電話で聞いてみました。

ホスピピュアは授乳中も使っていいかどうか、ということですが、結果は「おすすめしません」でした。

なぜかというと、ホスピピュアを塗った直後の乳首を赤ちゃんが口に入れるのは問題があるからです。

単純に苦すぎるということもありますが、時間が経って苦みが緩和されたところで、そういう問題でもないですよね。

授乳中のホスピピュアの使用は控えておいた方がいいですね。

というより、妊娠中にホスピピュアを使ったところで、授乳中乳首に使えないのであれば、どうせ一段と黒ずみそうですし、妊娠中に使っても意味がないのかもしれないですね。

気になる乳首の黒ずみをケアするのは卒乳後でもいいのかな、と思います。

卒乳したらすぐケアするぞ!と言い聞かせて、育児、頑張りましょう!

 

ホスピピュアは安全?敏感肌でも大丈夫?

化粧品は万人が大丈夫というのはなかなか難しいですよね。

敏感肌の人にとっては顔に使うローションや、こういうボディケアのクリームでも、合うものが本当に少ないですよね。

せっかく買ったのに、いざ使ってみると赤くなったりかゆくなったりしたらもう使えないですよね。

しかし、さすがの湘南美容外科クリニックとの共同開発商品です。

ホスピピュアはお肌に刺激を極力与えないようにこだわって作られています。

なので、敏感肌や、ひどい乾燥肌の人でも安心してもらえますよ。

 

妊娠時・産後授乳中にホスピピュアを使うおすすめな場所

妊娠中の黒ずみ、乳首に焦点が当たってしまいがちですが、臨月に近付くにつれ、もう一つ気になる部分が出来てくるはずです。

それは、正中線と呼ばれるおへその下に出来る茶色い縦筋です。

よく妊娠線だと勘違いされるのですが、妊娠線とは肉割れといって、短時間に皮膚が伸ばされた結果、皮膚組織が断裂して起こるものです。

正中線はそうではなく、妊娠中のホルモンバランスの変化によって、メラニン色素がたまり、通常であれば目立たなかった正中線が浮かび上がってくるようになるのです。

あくまでもメラニン色素の仕業であり、皮膚の断裂とは異なります。

ここでホスピピュアの出番です!

妊娠中や産後のケアにホスピピュアが使われているのは、こういう訳があったのですね。

顔のシミ対策としても併用できますし、卒乳すればそのまま乳首の黒ずみ対策に使えるので、意外に幅広いアイテムです。

乳首にしか使えないというわけではないのですね。

 

産後ホスピピュアを使ったの口コミ

旦那が一番喜んでるかも?

妊娠中には乳首が黒くなると聞いていましたが、予想以上の真っ黒でした(笑)

授乳中はほんとに酷かったです。

かと言って、どうケアしていいかわからなかったです。

母乳を飲ませていたので、乳首に何かを塗るのは怖かったです。

その時は子供の世話に必死でしたが、卒乳後改めて自分の乳首の黒さに驚き、ホスピピュアを使うことにしました。

毎日必ず塗れていたわけではないのですが、それでも2ヶ月ほどでかなり薄くなったのを実感できました。

旦那は大喜びしてました。

 

左右の乳首の色が違ってたのに・・・

なぜか赤ちゃんが右側のおっぱいしか飲みませんでした。

左側の出が悪かったのかもしれませんが、赤ちゃんがずっと右側の乳首をくわえたまま。

そうなると右と左の乳首の色も形も変わってしまったのです。

かといって左側を飲んでくれることはなく、ますます乳首の色が違ってきました。

卒乳してから必死でネット検索をして、ホスピピュアが色素沈着にいいのと知り使ってみることにしました。

うれしいことに、1ヶ月ほどでもう色が薄くなってきて、2ヶ月過ぎると以前よりも綺麗になったのでびっくりでした。

 

VIOゾーンにも使っています

バストトップの悩みももちろんですが、私はVIOゾーンにも使っています。

産後、もう一度自分自身のボディケアに力を入れたかったからです。

VIOゾーンでも刺激がなく、とても使いやすいですよ。

 

安心の湘南美容外科ブランド

ホスピピュアを信頼しているのは、なんと言ってもお医者さんが作っているからです。

本当は卒乳後に美容外科で黒ずみを治すつもりだったのですが、雑誌で見かけて、これだ!とひらめきました。

今で使い始めて2週間なので、黒ずみが薄くなっているかはわからないのですが、保湿力はすごいなと思います。

 

まとめ

ホスピピュアは湘南美容外科クリニックと共同開発された医薬部外品の黒ずみケアクリームです。

2016年度のモンドセレクションで金賞を受賞しており、その品質の高さや、5つの無添加処方、天然由来成分を使用するというこだわりが大きく評価されています。

妊娠中に使っても問題のない成分ではありますが、妊娠中は肌が敏感となっていることから、あくまでも自己判断で、肌に合うかどうかをしっかりチェックしてから使ってくださいね。

また、乳首に関しては刺激を与えると体調に影響するので、使わない方が無難なのかなと思います。

授乳中も乳首に使用すれば赤ちゃんが口にしてしまうので、避けましょう。

妊娠中、授乳中は正中線のケアに使ってみてはいかがでしょうか。

先輩ママたちは口コミの中で、卒乳後の乳首のケアに効果があったと高く評価しています

今授乳中の方はもう少し待って、卒乳後いち早くホスピピュアでバストトップの黒ずみをケアすることをお勧めします。

子育て中でも、自分のボディケアに磨きをかけちゃいましょう!

★最安値公式サイトはこちら★









よく読まれている記事

-ホスピピュア

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.