ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ティモティア保水バリアクリーム

ティモティア保水バリアクリームは妊娠中・授乳中でも使える?添加物は大丈夫?

投稿日:9月 12, 2018 更新日:



「妊娠してからニキビがひどくなった」

 

「出産後に肌が乾燥するようになった」

 

という悩みを聞くことがあります。

妊娠・出産を機に体質が変化するとは言いますが、ホルモンバランスやストレス、産後でしたら寝不足や授乳の影響等、様々な要因が考えられますね。

しかし、いくら妊娠中・授乳中だからといって、スキンケアを怠ると後々とんでもないツケが回ってくることがあります!

なるべく良い物を、手軽にさっと使っていきたいですよね。

 

ところで、ティモティア保水バリアクリームは妊娠中や授乳中でも使用できるのでしょうか?

赤ちゃんへの影響は?安全なの?

気になりますよね。

クリームに含まれる添加物などを調査してまとめてみました!

 

添加物は入ってる?ティモティア保水バリアクリームの成分は安全なのか?

まず、ティモティア保水バリアクリームの全成分がこちらになります。

水・BG・グリセリン・シクロヘキサシロキサン・ラウロイルサルコシンイソプロピル・ステアリルアルコール・ステアリン酸グリセリル(SE)・ベタイン・トレハロース・DPG・PEG-60水添ヒマシ油・(ヒマワリ種子油/水添ヒマワリ種子油)エステルズ・ベヘン酸・トリエチルヘキサノイン・1,2-ヘキサンジオール・べへネス-30・ワセリン・ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)・クエン酸Na・ナイアシンアミド・セラミドNG・ベントナイト・アルギニン・セラミドNP・酢酸トコフェロール・エチルヘキシルグリセリン・グリコシルトレハロース・シクロペンタシロキサン・トコフェロール・加水分解水添デンプン・クエン酸・PCA-Na・乳酸Na・アスパラギン酸・PCA・ポリ-ε-リシン・ヒアルロン酸Na・グリシン・アラニン・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・フェニルアラニン・ヒスチジン

 

また、パラベン、合成香料、防腐剤、合成ポリマー、フェノキシエタノール、石油系界面活性剤は無添加で、敏感肌のことを徹底的に考え抜いた低刺激処方になっています。

時々

 

「パラペンフリー」

 

と謳っておきながら、フェノキシエタノールが配合されている商品がありますが、ティモティア保水バリアクリームは一切そんなことはありません。

真の意味で防腐剤無添加なんです!

どうして防腐剤が不要なのかと言いますと、理由はティモティア保水バリアクリームの構造にあります。

 

「ラメラ構造」

 

という特殊な構造が細菌の繁殖を防いでいるんです。

 

妊娠中・授乳中もOK!ティモティア保水バリアクリーム

以上のことからティモティア保水バリアクリームの成分は安全だと分かりました。

しかもティモティア保水バリアクリームは、ドクター監修による徹底した低刺激処方!

妊娠中や授乳中でも、基本的には問題ありません。

それどころか乳幼児にも使用できる(もちろん、念のためパッチテストをお忘れなく)ので、ママと赤ちゃんのスキンケアが同時にできますね。

 

基本中の基本、今日から出来る肌荒れ対策!

「意識的に水分をとる」。妊娠・授乳中でも同様に!

人は一日あたり2リットルの水分摂取が必要だと言われています。

肌が乾燥してしまうのは体内の水分が不足しているから。

妊娠・授乳中でも積極的に水分をとっていきましょう。

よく

 

「むくみやすいから」

 

といって水分摂取を嫌がる方もいますが、これは絶対にNG!

人が持っている本来の泌尿器系の力が衰えてしまうかもしれません。

ただでさえ、ほとんどの人が水分不足だと言われているんです。

 

医者や栄養士から指示が出ていない限りは、積極的に水分を摂取してくださいね。

また、こまめな水分補給は間食を抑制する役割も果たしてくれるので、妊娠中の体重管理によるストレスも軽減できちゃいますよ!

 

普段の食事の中で1リットルの水分が摂れれば、飲み物で1リットル摂ることは難しくないハズ。

(ただし妊娠中はカフェインの過剰摂取に注意。飲み物には気を遣いましょう)

 

「ストレスをためすぎない」

妊娠・授乳中は自分のことを二の次にしがちです。

 

「今は赤ちゃんが一番だから」

 

「ホルモンバランスが崩れているから」

 

「睡眠不足だから」

 

とストレスを抱えたまま肌荒れを放置するのはやめましょう。

過剰なストレスは肌に悪影響しか与えません!

妊娠・出産・育児はたくさんの女性が経験してきたこと。

時には

 

「どうにかなるさ!」

 

と肩の力を抜いてくださいね。

 

「良質な睡眠をとる」

睡眠不足はあっという間に肌荒れを招いてしまいます。

肌の再生には毎日6時間以上の睡眠が不可欠という研究結果もあるので、できるだけ良質な睡眠を心がけましょうね。

妊娠中、お腹が大きくて眠れないという方は抱き枕を用意したり、毛布等を丸めて代用したりするのもひとつの手。

授乳中はミルクを用意してパパにお願いしちゃうのもアリでしょう。

 

また、睡眠中に足がつってしまうのは水分や・ミネラル不足が原因の場合もあります。

就寝前にコップ1杯の白湯を飲んだり、サプリメントを上手に使っていきましょうね。

ストレッチをするのも効果大!

 

ティモティア保水バリアクリームはママの味方です!

自分の時間が減るとスキンケアも大雑把になってしまいますよね。

ティモティア保水バリアクリームは化粧水・乳液いらずのオールインワン保護クリーム。

洗顔後にさっとぬるだけで保湿は完璧!

インターネットで購入できるので、家にこもりがちな時期でも安心して買うことができますよ!

 

まとめ

ティモティア保水バリアクリームは無添加・防腐剤フリー。

妊娠中や授乳中のママでも安心して使うことができますね。

オールインワン保護クリームだから、場所も時間もとらない超優れもの!

 

どんなに忙しくても、肌にご褒美を与える時間を少しでも多く作ってあげましょう。

もちろん

 

「意識的に水分をとる」

 

「ストレスをためすぎない」

 

「良質な睡眠をとる」

 

この3項目も忘れないでくださいね。

いつまでもしっとりもち肌のママを目指しましょう!

[wpshortcodead id="fjyim5b9e7509ef8f0"







よく読まれている記事

-ティモティア保水バリアクリーム

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.