ダイエット、美容、お金、芸能ニュース、学力アップ、赤ちゃん、妊活などワンランク上を目指す人の為の情報サイトです!

man-gachat

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらとぅーすホワイトニング中の成分は安全?それとも危険?健康被害・副作用はあるの?妊娠中・授乳中でも使える?

投稿日:6月 10, 2018 更新日:



madodemo・CANTO・ESSE・vicca・JERRY・週刊女性などなど・・・多くの雑誌でも話題となっている「ちゅらトゥースホワイトニング」

愛用者も多く、「使って良かった!」という声がさらなる注目を集めています!

タレント・川村ひかるさんをはじめ、多くの有名人たちも毎日使っているとまことしやかにささやかれています。

 

以前はホワイトニングはサロンや歯科医院に行かないとできないものでした。しかし、自宅で簡単にできる「ちゅらトゥースホワイトニング」を知って、興味のある方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、購入する前に

 

  • 「本当に安全なのか」
  • 「体に悪い成分は含まれていないか」
  • 「妊娠・授乳中でも使えるのか」

 

など、確認しておきたいポイントがいくつかあると思います。

 

そこで、今回はちゅらトゥースホワイトニングに含まれている全成分を徹底的に調べ上げてまとめてみました!

気になる成分に焦点を当て、安全性についてもチェックしているので、ぜひご覧ください。

 

「ちゅらトゥース」の全成分!効果は?安全性は?徹底的に調べてみた!

パッケージの裏に記載された「ちゅらトゥース」の全成分。

とはいえ、聞いたことのない成分の名前ばかり。

本当に安全なのか、効果はどのようなものなのか、などわからないことだらけです。

 

今回は、記載されている全成分について分かりやすくまとめてみました。

 

基剤

  • 精製水

精製水は、蒸留やろ過などで不純物を取り除いたほとんど純粋に近い水です。

化粧品や医薬部外品にもよく使われているので、これは見かけたことがある方も多いかもしれませんね。

無色透明、無味無臭です。

紫外線などで殺菌されていることもあり、水道水と比較するとはるかに安全と言えるでしょう。

この精製水が大もととなって、「ちゅらトゥース」は作られています。

 

湿潤剤

その名の通り、潤いを保つ効果のある成分です。

下記が「ちゅらトゥース」に含まれている成分ですが、人体に悪い影響を与えるものは特にありませんでした。

というのも、植物由来だったり、食品に使用されていたりするものばかりだったからです。

 

  • 濃グリセリン

98%もの高濃度のグリセリンです。

保湿や保湿による肌荒れ予防の効果があるため、保湿剤などによく使用されていて、科学的にも安全性が高いと言われています。

 

  • オウゴンエキス

オウゴンエキスとは、コガネバナの根から抽出した植物エキスです。

炎症やアレルギーを鎮める効果があると言われています。

また、美白効果もあると言われており、他の植物エキスとともに使用すると相乗効果が出ることが期待されます。

 

  • シャクヤクエキス

ボタン科の植物であるシャクヤクの根から抽出するエキスです。

主に皮膚の炎症を鎮める効果が期待されていますが、一方で美白効果もあるそうで、化粧品などにもよく含まれています。

保湿効果も高く、アンチエイジング成分としても注目を集めています。

 

  • レモンエキス

美容に欠かせない果物、レモン。

その果実を高密度に絞って作られたのがレモンエキスです。

クエン酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンPなどがたっぷり含まれており、細胞の活性化、保湿、収れんなどの効果があると言われています。

収れん化粧水や美白スキンケアでもおなじみの成分たちですよね。

 

  • 1.3-ブチレングリコール

肌に対する刺激が弱く、化粧水や乳液などのスキンケア商品によく含まれています。

ビタミンCの酸化を防止し、高い殺菌力を発揮します。

こちらも安心して使える成分ですね。

 

  • DL-リンゴ酸

ジュースやアイス、ゼリーやキャンディ、マヨネーズなどの加工食品の添加物としても使われているリンゴ酸。

比較的安全な添加物です。

歯を白くする効果もあるとされており、ほとんどの歯磨き粉にも配合されています。

 

  • アスコルビン酸

アスコルビン酸と言うとなじみがありませんが、いわゆるビタミンCのことです。

ここでは栄養素としてではなく、ジュースやパン、肉や野菜などにも使われるように、酸化防止剤として配合されています。

 

  • ポリアスパラギン酸ナトリウム液

公式サイトでも大きく取り上げて紹介されている成分の一つです。

特殊な分子構造を持つポリアスパラギン酸は、ステインや歯垢などの汚れを吸着する働きを持ち、歯に汚れがくっつくことを防止してくれます。

口臭や汚れのもととなるたんぱく質を除去できるため、お口をすっきりさせる成分の一つです。

 

  • ウーロン茶エキス

名前の通り、ウーロン茶のエキスです。

高血圧、動脈硬化、消化不良、肥満などに効果があると言われており、習慣的に飲まれている方も多いのではないでしょうか。

 

  • 茶エキス(1)

こちらは緑茶のエキスです。

ウーロン茶と同じく、人気のお茶ですね。

このエキスにはカテキンがたっぷり含まれており、美肌、保湿効果があると言われています。

また、酸化防止作用のあるビタミンCやアミノ酸も含んでいます。

 

  • ホップエキス

クワ科植物、ホップから抽出したエキスです。

苦味があり、ビールに用いられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ホップには利尿・鎮痛作用があり、神経系の症状を改善すると昔から言われてきました。

今では化粧水やパックなどの基礎化粧品、シャンプーやトリートメント、入浴剤などにも含まれています。

 

清涼剤

歯磨き粉や洗口液を使用すると、口の中がすーっとしますよね。

その清涼感を出す成分が清涼剤です。

「ちゅらトゥース」に含まれている清涼剤は、大きくエタノールとメントール(メンソール)の2つです。

どちらも食品にも含まれている成分なので、安心ですね。

 

  • エタノール

エタノールはお酒の主成分です。

でんぷんや糖蜜をアルコール発酵したものや、化学合成で作られたものが主ですね。

殺菌作用が強く、化粧品や衣類の消臭スプレーなどにも含まれています。

 

  • I-メントール

日本語で言うと、ハッカです。

メンソールやメントールという呼び方の方がなじみがあるかもしれませんね。

ペパーミントのようなスースー感が欲しい時にはぴったりなので、歯磨き粉やタバコ、チューインガムやタブレットなどにも、幅広い用途があります。

誰しも一度は口にしたことがありますよね。

 

  • 無水エタノール

こちらもアルコールの一種です。

食品の防腐剤、みりんなどの調味料の原料として使われています。

6歳未満のお子様の使用を「ちゅらトゥースが」禁止しているのは、このアルコールの一種である無水エタノールが含まれているからなのです。

 

ph調整剤

pH調整剤とは、品質を保つために使われる食品添加物の一種です。

コンビニやスーパーのお弁当には大体使われています。

他の食品添加物と合わせると相乗効果も期待できるそうです。

 

  • 無水クエン酸

レモンに代表される柑橘類や梅干しにたっぷり含まれています。

口をすぼめるようなあの酸っぱさはクエン酸によるものなのですね。

多少の酸っぱさが欲しい時に使われることが多いです。

 

  • メタリン酸ナトリウム

食品や医薬品にも使われている、安全性が保証された成分です。

歯石やステインに効果があるので、歯磨き粉にもよく入っています。

つまり、ホワイトニング効果があるということなんですね。

 

粘度調整剤

粘度を調整し、液体のものをジェル状にするなどの働きを持つ成分です。

調べてみたところ、粘度調整剤は普段食べているものにも多く含まれているので、特に健康に影響を及ぼすことはなさそうです。

 

  • キサンタンガム

ドレッシングやソースなどの調味料をはじめ、缶詰やプリンなどのさまざまな食品の粘度を調整している成分です。

キャベツに多く含まれる成分で、毒性を示すような試験データは見つかりませんでした。

知らないうちに食べていることが多い成分の一つです。

 

  • カルボキシメチルセルロースナトリウム

植物の繊維に含まれている成分が原料となって作られている粘度調整剤です。

こちらもソースなどの調味料、アイスやシャーベットなどのデザート、麺類にまで広く使われています。

こちらも知らないうちによく食べているかもしれませんね。

 

可溶化剤

さまざまな成分を水に一様に溶かすための成分です。

 

  • ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

原料はヒマシ油で、人体への危険性はほとんどありません。

多くの化粧品にも含まれています。

矯味剤

苦味などの不味い風味を矯正し、味わいやすくするための成分です。

子供用のかぜシロップなどは甘く味付けされていますよね。

あれは、本来なら苦くて飲みづらい味を矯味剤によって飲みやすくしたものです。

小さいうちから知らない間に口に入れていたのですね。

 

  • ステビアエキス

南米パラグアイ原産の植物で、甘味料としてとても有名なので聞いたことがある方も多いかもしれません。

抗菌効果もあるとされ、ステビアエキスで口をすすぐと虫歯になりにくいとも言われています。

 

  • キシリット

ガムでもおなじみのキシリトール。

この主成分がキシリットです。

ダイエットや虫歯予防に効果的なのは、みなさんよくご存知ですよね。

 

保存剤

防腐剤とも呼ばれている、細菌などが増殖するのを防ぐ効果があります。

水を含んだ医薬品にはほとんど加えられている、医薬品添加物でもあります。

医薬品が安心して使えるのは、保存剤のおかげなんですね。

 

  • 安息香酸ナトリウム

代表的な防腐剤の一つで、細菌やカビの増殖を防止し、食品によく使われています。

大量に摂取しすぎなければ、体に悪影響はないと言われています。

 

  • 薬用成分

いわゆる「有効成分」と記載されるもので、肌荒れやにきび防止、美白、デオドランド効果などを持つ成分のことです。

 

  • アラントイン

公式サイトでも紹介されている通り、「ちゅらトウース」の中でも注目すべき成分です。

古い組織を取り除き、肌のターンオーバーを促進して新しい皮膚をつくる効果がある、小麦胚芽などに含まれる植物由来成分です。

目薬、ハンドクリーム、皮膚の塗り薬や貼り薬など、医薬品にも多く含まれています。また、床ずれや火傷、湿疹などの肌トラブルにも効果的な成分でもあります。

 

  • イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用が高く、顔ニキビの原因であるアクネ菌や背中ニキビの原因マラセチア菌までも死滅させることができます。

ニキビケア用のスキンケアには含まれていることが多いので、気になった方はぜひ確かめてみてくださいね。

 

安定剤

時間が経つと共に品質は劣化してしまいますが、それをできるだけ抑えるための成分です。

 

  • 天然ビタミンE

ビタミンEを知らない方はいないと思いますが、最近またインフルエンザに効くと注目されているのをご存知ですか?

細胞の老化を防止し、血管や肌のアンチエイジング効果があることから、若返りのビタミンとも言われています。

 

着色剤

その名の通り、食品などに色をつける色素です。

 

  • 青色1号

ペプシブルーやポーションなどの飲料を青くしている着色料です。

とんでもなく大量に摂取すればもちろん有害になりえますが、歯磨き粉程度であれば問題はなさそうです。

 

ちゅらトゥースの気になる成分に着目!

  • 研磨剤

歯磨きジェル「ちゅらトゥース」には研磨剤が含まれていません。

配合成分の中のメタリン酸ナトリウムは研磨剤として使われることが多いですが、「ちゅらトゥース」の中ではpH調整剤として使われています。

そのため、歯の表面を傷つけることはありません。

 

矯味剤(きょうみざい)って?

「矯味剤」という言葉は聞き慣れないので、不安に思った方もいるかと思います。

矯味剤とは、苦味などの食べづらい味に甘味を加え、食べやすくするための成分です。

味付けする成分だと思ってもらえば分かりやすいかもしれません。

ちゅらトゥースに含まれる矯味剤は以下の2つです。

 

  1. ステビアエキス
  2. キシリット(キシリトール)

 

この2つの成分は果たして安全なのでしょうか?

こちらについても調査しました。

 

ステビアの葉からとれる甘味成分を抽出したステビアエキスの甘さは、なんと砂糖の約250〜350倍!

ちゅらトゥースのさわやかでフルーティーな青りんご味もステビアエキスからきているのかもしれません。

ちなみに、これだけ甘さがあっても低カロリーなので、糖尿病やダイエット中の方でも安心して使えます。

緑茶の約7倍の抗酸化作用を持ち、健康上の影響はないとされています。

 

【保存剤】安息香酸ナトリウム

「保存剤」「防腐剤」という言葉はなんとなく危なそうに聞こえませんか?

私自身も添加物と聞くと、なんだか体に悪そうなイメージが・・・そこで、詳しく調査してみました!

 

「ちゅらトゥース」に含まれている安息香酸ナトリウムは食品の防腐剤としても有名ですよね。

しかし、動物実験では健康を害するデータも出ているのです。

というと、「そんなのを口に入れていいの?」と不安になるかもしれませんが、ちゅらトゥースでは安全を確認した上で配合しているのでその点は安心です。

使用量はもちろん自分で守ることが大切ですが、安息香酸ナトリウム自体は私たちがよく飲む飲み物にも含まれていることが多いのです。

 

安息香酸ナトリウムを含んだ飲み物の一例

  • 栄養ドリンク
  • ペプシネックス
  • ファンタグレープ
  • 三ツ矢サイダーなどの炭酸飲料

 

「安息香酸ナトリウムが含まれているから危ない!」と決めつけるのはよくありませんが、健康に良いわけでもありません。

健康に対して非常に気を使っている方にとってはデメリットな部分かもしれませんね。

 

着色剤(青色1号)

青色1号はその名の通り、食品などに青く色をつけるための成分です

お子様向けのお菓子にもよく含まれていますが、実は、ラットを使った実験で発がん性が確認されたのです。

歯磨きジェルに使用されている青色1号はものすごく微量で、安全性が確認されているから販売されているのでそこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。しかし、個人的にはわざ

わざ着色料で青色にする必要があったのか?と感じてしまいます。

磨いた後には白い泡になるし、透明のジェルでもよかったような気もしますよね・・・。

 

厚生労働省が承認した医薬部外品「ちゅらトゥースホワイトニング」

ちゅらトゥースホワイトニングは、厚労省が決めた厳しい検査をクリアした、安全性の高さを保証された医薬部外品なのです!

 

医薬部外品は医師の処方については不要なのですが、それに見合った安全性が高く評価されているものです。

そこらへんで売られているきな臭いサプリメントとは違い、安心して使えるホワイトニング用歯磨きジェルなんですね。

 

全成分表示を見ても天然由来成分が主で、リンゴ酸が汚れを浮かして黄ばみや着色汚れを落とすのが「ちゅらトゥースホワイトニング」のホワイトニングです。

研磨剤が含まれるホワイトニングは効果が出るのが早いと言われていますが、歯を削ってしまうために知覚過敏などのおそれがあります。

研磨剤フリーのちゅらトゥースホワイトニングなら、このようなリスクはありませんよね。

そこを気に入って私は使い続けています。

 

医師による監修がなされた「ちゅらトゥースホワイトニング」

メーカーの公式サイトには、「ちゅらトゥース」を監修した歯科医師歴7年、現役の歯科医師である加藤陽子医師のコメントが掲載されています。

加藤医師のコメントによると「ちゅらトゥース」は研磨剤フリーなので、歯の表面に傷をつけることがなく、安心して使えるということでした。

歯科医院での治療などが終わった後も、継続してデンタルケアをしたいという患者さんたちにも「ちゅらトゥース」を勧めているということで、それだけ安全性が高く、効果のある歯磨きジェルなのだと思います。

医学のプロのお墨付きがあると、より安心して使い続けられますよね。

 

「ちゅらトゥースホワイトニング」の健康被害・副作用は報告なし!

実際の使用者たちのレビューや口コミを調べ、副作用や健康被害がないか調べてみました。

 

いくつかネガティブな声はありますが、副作用や健康被害が出たというものは一つもありませんでした!

80万個以上販売されてきたにも関わらず、副作用や健康被害が1件もないのはすごいですよね。

 

「医薬部外品」

「天然由来成分」

「副作用・健康被害の報告なし」

「医師のお墨付き」

など、ちゅらトゥースの安全性の高さにはただただ驚くばかりです!

 

「ちゅらトゥースホワイトニング」は妊娠・授乳中にも使える?

はじめにお答えすると、妊娠・授乳中にも「ちゅらトゥースホワイトニング」は使えます。

 

しかし、オススメはできません。

 

病気などとは違って、歯の着色汚れなどは治療に急を要するものではありませんよね。

 

もちろん、歯を白くしたいという気持ちは私にもよくわかりますが、できるだけ授乳を終えた後に「ちゅらトゥースホワイトニング」を使用するのを推奨します。

他のホワイトニングでも同様です。

 

妊娠・授乳中にホワイトニングしてはいけない、ということはありませんが、ただでさえ身体のホルモンバランスが崩れやすい時期です。

胎児や新生児にリスクが100%ないとも言い切れません。

どの方法でもそうですが、ホワイトニングは薬剤を使用します。

こういった薬剤の影響がないと言い切れない状況で、妊娠・授乳中に使うことは避けた方が賢明でしょう。

 

歯のホワイトニングは急を要する治療ではありませんよね。

それよりも、元気な赤ちゃんを産むことに集中して、無事出産を終えて、授乳も終わってからホワイトニングケアを始めても遅くはないのではないでしょうか?

 

デンタルケアにおけるホワイトニングは、いつ始めても遅すぎたということはきっとないでしょう。

 

まとめ

今回は、歯磨きジェル「ちゅらトゥースホワイトニング」の全成分について細かく見ていきました。

 

着色料や保存料は含まれているものの、ほとんどが天然由来成分の医薬部外品で、現役歯科医師のお墨付きもあるので安全性は保証されているようです。

 

副作用や健康被害が一件も報告されていないのも、安心材料になりますね。

 

ぜひ「ちゅらトゥースホワイトニング」できれいな白い歯を目指してみましょう!



★最安値公式サイトはコチラ!★
ちゅらトゥースホワイトニング






よく読まれている記事

-ちゅらトゥースホワイトニング

Copyright© man-gachat , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.